2008年07月19日

YAMAHA RD50 (中編その2)

(前回の続き)

宵闇迫る作業終盤,予想だにせぬ過電圧 or 過電流に遭遇した RD50,この症状で真っ先に疑うべきはレギューレータ / レクチファイアのどちらか,乃至は両方であります.
RD50にレギュレータが付いていたかどうかは記憶力減退につき思い出せぬが,差し当りタンクを外し,まずは手近のレクチファイア,と言ぅても実は単なるダイオード,はたまたワタシのような旧人はセレンなどと呼んだり致しますが,これをば点検しようと見れば…

【電極がポッキリ】
RD50 レクチファイア典型的な腐食折損.こうもアカラサマな壊れ方では点検もヘッタクレもございませぬ.

しかし何故こんな処が腐り折れたのか理由がワカラン.振動の集中箇所でもなし,水掛りするところでもなし,配線艤装も水落しの弛みは確保してあって問題ない.引張ったり引っ掛かったりする箇所でもない.製造時にフラックス選定ミスでもあったロットなのだろうか.(例えばイタ車の電装部品の中には,屡々フラックス除去が不十分で時間が経つと電極や電線を腐らせてしまうものがございます)
きっと先刻までは見掛け上繋がっておっても実質は髪の毛一本で,僅かな刺激で折れたのであろうなぁ.引き渡してから折れたのではなかったのが不幸中の幸いではあるが.

差し当り大豆大臣に電話してみたところ,「他の半壊状態のバイクをドナーにしてもいいですよ」との有難い申し出を頂きましたので,たまたま傍らにあった GR50のレクチファイアに取り替えようとしましたが,あいにく肝心の端子が腐っておる.無理に捻くって仮付してみたものの,ここは割に大きな電流が流れるところでもあり,導通が不確かなままトラブルシューティングしても迷路にハマり込むに決まっておる.またそんな半端な状態で引き渡せる筈もない.それに,既に夜なれば,肝心のヘッドライト球が切れてしまっていては試走は出来ぬ.

# RD50 の電装系は6V でして,ヘッドライト電球は6V-25/25W,形状は P15D25-3,所謂マツシマ品番で言えば PH8と言うのですが,これは今日では調達性が心細くなっておるようです.ただでさえ6V 電球は供給先細りなのですが,それでもカブ系に使われておる P15D25-1 (PH7) の球であれば大概のバイク屋に置いてございますね.ドナーにした GR50も PH7でありまして流用出来ませなんだ.これは先々のことを考えれば,ヘッドライトごとカブ等の物に換えておいた方が良いかも知れませぬな.そうすれば6V のハロゲン球に交換するのも容易にして安価である.

# さらにもうひとつの点検箇所,RD50にはレギュレータは有っただろうか,それとも無かったか.もし有るならそれもチェックせねば安心できぬ.FS50や FX50には無かったし GR50にも無いが,この年式の RD はどうも記憶曖昧,多分きっとおそらく無いとは思うが,何処かに隠れておるかも知れず,これも追って調べねばなるまい.

ということで,わざわざ様子を見に来てくれた大豆大臣とも衆議一決,その日の作業はこれで打切り終了.いやはや弘法も木から落ちる,侮って掛ると思わぬ処で竹篦返しを喰らう上に友人にも心配を掛けて汗顔三斗,全くとんだ神様もあったもの.

して帰宅してからパーツリストを調べますと,他車と同様 RD50にもレギュレータは無く,それなら大因はレクチファイアに絞られるわけで,さっそく中古部品を手配しようとしましたが.かつては東豆地区のような田舎にさえ,バイクの解体屋と言うのは何件もあったれど,昨今は軒並み廃業が相次いで不如意.こういう面は首都圏の方がずっと楽でありますな.そこで見かねた大豆大臣が手持ちのスズキTS50用レクチファイアを分けてくれ,品薄のヘッドライト球も沼津市内のバイク屋を総当りして調達致しまして,捲土重来こんどこそ,結線バッチリ出来上がって勇躍キック一発…



「…………」

…面妖しいな.エンヂンが掛らぬ.

プラグを見れば火花が飛んでおらぬ.正確には「稀に飛ぶ時もあるが非常に弱い」という状態である.その昔,本田宗一郎御大は,イグニション系をチェックするのに,H/Tケーブルを手で握ってキックし,「肘まで痺れたから大丈夫」なんていう豪快な点検をやってたそうでありますが,その伝で言えば掌ぐらいまでしか痺れぬ.

# この記事を読んだ人が実際に試みて死んでもワタシは一切責任を持ちませぬぞ.少なくとも左手ではやらぬ方が良いのではないかと存じます.ちなみに昔のワタシの経験では,肩まで電撃が来たことがございまして心臓まであと僅か,けっこうギリギリでヤバかったのぅ (やったのかよ) .

それはともかく過電圧現象に見舞われるまでは元気に掛っておったのが,その後にこうなったと云うことは,点火系配線の何処かが焼き切れ……いやそれは有り得ぬ.幾ら何でもそこまで電圧が上がる筈は無いし,そもそも直流6V のチャージ系とイグニション系は別系統.まして過電圧に弱い半導体ならいざ知らず,このバイクで半導体など使っておる場所は交換したレクチファイアだけの筈…

…む? このフレームに付いておる物は何ぞ?

(この項続く)


【関連エントリ】
YAMAHA RD50 (前編)
YAMAHA RD50 (中編その1)
YAMAHA RD50 (中編その3)
YAMAHA RD50 (後編)
YAMAHA RD50 (補遺)

posted by 「い」 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 輪,輜,車
[この記事へのコメント]
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。