2008年10月05日

Spaghetti Shizuokana con Te Verde

いやはや全く,食のモラルハザードと申しますか,ずっと以前に食品偽装について触れましたが,その後も毒餃子だの黴米だのメラミン牛乳だのと,世の悪習一向に収まる気配なし,全く困ったものでありますな.
というわけで小人閑居して不善を為すと申しますが,人間の小ささではワタシもいささか自信あり.偽装食品については先の偽装カルボナーラに引き続き,密かに試作を重ねておりまして,最近完成に至ったのはコレ↓.

【偽装スパゲティ・ジェノヴェーゼ.ポテト載せ】
緑茶パスタ

これのどこがどう偽装かと申しますと,ペスト・ジェノヴェーゼに見える緑色は緑茶,茶の脂溶性ビタミンを析出させて旨味を増すのに必須のオイルは胡麻油を少々に,近くの山で拾って来たクルミを擂鉢で碾いて油分を増し,味はコンブダシをベースにカツオダシ粉と塩,唐辛子で練り調えました.外観はジェノヴェーゼにクリソツですが,風味は全く異なった和の趣に仕立ててあります.

……また変なことを始めやがったな.と思われるのも尤もであるが,徒に奇を衒ったわけではない.このような悪戯に手を緑に染めるにはちゃんと理由がある.

そも我が家は家族数が少なく,いきおい使う食材の量も少ないのですが,そうすると自ずと食材の摂取バランスが悪くなりがち.特に悪いのは野菜類でして,生鮮野菜とは「生鮮」と言うぐらいで日保ちせぬものでありますれば,ボヤボヤしておるうちに速やかに傷み,いざ出番になると既に死んでおることが甚だ多ぅございます.乾燥野菜や冷凍野菜なども動員して,かなり意識して摂るようにはしておるのですが,それでも献立の巡り会わせによっては足らぬ場合は多々ある.

そこで,身近に安上がりで日保ち良く野菜の代替になるものはないか,捜してみますと灯台下暗し,静岡地産「お茶」がございました.御存知の方も多かりましょうが,緑茶と言うのは茶葉そのものに野菜と近似の有効成分が豊富である.原料は葉っぱなのだから当然ではあるが.しかしこれを淹れて飲むだけでは茶葉の持つポテンシャルを十全に発揮しておるとは言い難し.まるごと食ってしまう方が効率的なのでございます.

【参考『食べるお茶の効果』財団法人世界緑茶協会】

…それにしても変な新興宗教でもあるまいに面妖しな名称の財団法人があるものよ.静岡県もこのような事に公金を使っておっていいものか,納税者としては少し気になりますが,科学的データは厳然としてデータである.これによれば “上級煎茶の粉茶を1日6g食べると,日本人のVA所要量の約1/2,VE所要量の約半分を取ることができる” とある.

つまりAもEも半分なんじゃねぇか,この文章おかしいぞ.とは思いますものの,6g.と言えば則ち大匙2杯程度.仮に生野菜でビタミンA とE の所要量を半分でも摂ろうとすると可成り大変にして相応に金も掛る,その点,緑茶,しかも粉茶であれば安いので6g分のコストは30円にもならぬ.さらに最近の新聞報道によれば,緑茶は糖尿病の予防効果もあるとかで,こんなウマイ話はそうそうあるものではない.

それに,です,食に関しては頑迷固陋なるイタリア人共も,近年のLOHAS(笑)やらスローフード(笑)やらのムーヴメントに踊らされてか,緑茶が売れておる!飲まれ始めておる! と聞き及びます.
またスイーツ(笑)の方面でも,抹茶味の団子であるとか,或いはケーキに抹茶を使ったものなどが,向うのケーキコンテストで入賞したりもしておるようであります.いやはや以て流行と言うのはどの方角に流れるか解らぬものですなぁ.

こうなると食意地の張ったイタ公どもの事でありますから,いずれ緑茶を淹れて飲むばかりに飽き足らず,ピッツァやパスタに入れて食い始めるのは時間の問題と申せましょう.その時になって先を越されたと悔しがっても遅い,緑茶先進国の本邦の面目に掛けて先鞭を着けておくべきではありませぬか.

まぁワタシの場合,生活の他の大部分が不健康ですから,食事だけ健康を気にしても何にもならぬ,要は安く簡単に出来て美味けりゃいいのでして,そのつもりで作ったのが上掲の贋スパゲティ・ジェノヴェーゼというわけなのでございます.

……何ですかその疑わし気な目は.美味いのですぞ本当に.
posted by 「い」 at 02:42 | Comment(11) | TrackBack(0) | 呑み喰い
[この記事へのコメント]
  1. >〜まるごと食ってしまう方が効率的〜

    四捨五入すればひと昔のコトとなりますが、我が実家へもお茶挽き器を導入いたしまして、一時は母が安物棒茶を挽き捲くっていました。
    今ではブームが過ぎ去ったらしく、忘れたころに粉モノとなって現れたりしますが。

    >変な新興宗教でも〜

    日本緑茶センターというカイシャもゴザイマスね。こちらは私企業ですが。

    http://www.jp-greentea.co.jp/

    日本緑茶とありますが、圧倒的に輸入品目が多うゴザイマス。
    実は“クレイジーソルト”の輸入元でもあります。

    面妖と云えば・・・
    静岡エリアでは“お茶割り”というものがありまして、緑茶で焼酎を割る風習もゴザイマス。最近は他県エリアにも進出しつつあるようですが・・・

    >美味いのですぞ

    天麩羅に抹茶塩というのもありますし、新茶の芽の天麩羅とか掻揚げなんてのもありますから・・・
    もしかしてコレらも静岡だけのハナシなんでしょうか?
    Posted by さんどろ at 2008年10月07日 01:58
  2. >焼酎のお茶割り

    なんということでしょう。
    あれは我が県ローカルのものだったんですか……。

    うちの商店では「おーいお茶割り」なる缶焼酎も販売してますよ。
    Posted by 毛玉明 at 2008年10月07日 11:25
  3. > 棒茶を挽き捲くって

    調べてみますと,「茶葉をまるごと食う」ことの有効性までは多くの方が気付かれておられるようですが,実際に利用する段になると,そのように手数を掛けて碾く向きが多いようです.むろんワタシはそのような器具を買う金も根気も持ち合わせませぬゆえ,単に寿司屋の使う「粉茶」を軽く振るって使うだけでございます.蓋し物事は安易な方が長続きするかと存じますね.

    # また文中に書きました通り,粉茶というのは品質に比して甚だ安く,ワタシのような貧民でも上級煎茶クォリティ相当の物を300〜400円/100gで購むことが出来る.何となれば粉茶とは,茶葉を最後の仕上に目を揃えるため,フルイでふるって出る副産物だからですな.もちろん淹れて飲んでも美味い.ちなみにワタシは当地伊豆で作る,ぐり茶の粉茶を用いております.

    > 新茶の芽の天麩羅とか掻揚げ

    静岡の他の土地でも食うたことはございますものの,天麩羅ですと摂る脂質に比して茶葉の量は微々たるもので,箸休め程度にしか意義はございますまい.しかしながらこの「茶と油分」というのは中々に重要である.すなわち茶葉の成分を見るに,先述のビタミンAもEもそうですが,他の蛋白質,カテキン類など,脂溶性の物質がかなり多いようであります.

    よって脂肪分を適度に加えることにより,それら脂溶性物質の吸収効率を高めることが出来るであろう.しかしカテキンを抽出させ過ぎると今度は渋味が強く出ますので,ペスト・ジェノヴェーゼのように予め作り置くと,苦くエグくなってよろしくない.そこで少量の胡麻油とクルミという組合せに落着いた次第.
    このあたりが今回も色々と味加減を工夫したところでして,やはりササッとその場で作る方が香りも損なわれず苦味も出ず,美味く食べられるものになるようであります.
    Posted by 「い」 at 2008年10月07日 14:53
  4. > お茶割り

    ワタシは折角のお酒が薄まるのはイヤですので「〜割」ってのは全く飲らないのですが,茶葉自体を焼酎に入れて呑んでみたことはございます.

    ……苦エグくて呑めたものではありませんでしたw

    どうも茶葉を入れっ放しにするのでは,雑味も一緒に出てしまって駄目なようですな.うまくやるとズブロフカみたいになりそうな気はするのですが.
    Posted by 「い」 at 2008年10月07日 16:07
  5. 伊藤園から「おーいお茶 お抹茶」という商品が出たそうです。
    http://www.itoen.co.jp/news/2008/062607.html
    飲む直前にシャカシャカと振るようです。しかし茶葉の量が1.2gとはせこいですよねえ。薄茶でさえ2gが基本なのに。

    ビタミンAと脂質を合わせて摂るのは理にかなってますね。イタリアの料理人の話で、バジルの葉を刻むときに、少しオリーブオイルを垂らすと酸化を抑えてグリーンの色が変わらないというコツを披露していましたが、栄養的にも良いやり方ですね。

    Posted by akira isida at 2008年10月07日 20:18
  6. ちと書き忘れました。

    >>うまくやるとズブロフカみたいになりそうな気はする

    昔ソウルでマンジュー(あちらのは水餃子のようなもの)をつまみに焼酎をいただきましたが、小振りの薬缶に入って出てきた焼酎にはキュウリの輪切りが入っておりました。けっこう一般的な飲み方みたいです。

    Posted by akira isida at 2008年10月07日 23:45
  7. ははぁ.キュウリですか.それはやっぱあれでしょうか,香り付けということなのでしょうか.呑み終わった時に残ったキュウリはどうなるのだろう…

    しかしながら,キュウリ自体には特筆すべき栄養も無さそうで,確か「牛乳より水分が多い」とか「野菜の中で最も貧栄養」とか言われておるのではなかったかと思いますが,その割にはけっこう高うございますれば,最小限の出費で最大限の栄養摂取を余儀なくされておるワタシとしては敬遠せざるを得ませぬなぁ.

    もしそのような香り焼酎が呑みたくなった場合,ワタシの場合なら,きっと近所を一歩きして,ヨモギやフェンネルリーフ,フェンネルシードなどを採って参り,「偽装アブサン」なんぞを造るかと存じます.これならタダでありますゆえ.
    Posted by 「い」 at 2008年10月08日 02:38
  8. >「い」様

    飲食からズレますが。

    落合刃物の乗用型摘採機が働いてるのを初めて見たときはナニゴトかと思いました。

    遠目だと下の方が見えず、じぃちゃんが畝上空を移動して行く姿のみが見えるので、エラく不思議なのです。

    このプロポーションですから、農機具屋さんの敷地内をノコノコ移動してる姿も珍なモノでありますよ。


    乗用型摘採機「ごろう」↓

    http://www.ochiai-1.co.jp/a/ohl_5ds.html
    Posted by 1sugi at 2008年10月12日 20:01
  9. パトレイバー2 The Movie で,こういう奴が渋滞してる車の列を跨って走ってましたなw
    Posted by 「い」 at 2008年10月12日 21:58
  10. こんばんは。今日は大変な悪天候ですね。先日は同級生の花屋さんを教えてくださいましてありがとうございました。早速に行きましたよ。気に入った鉢を見つけたのですが、地植えが出来ないといわれ、あきらめてきました。ほとんどが温室の中で育っている観葉植物でしたね。あまりに沢山の数でほとんど通路に足が入れられなくて見られませんでした。爆。残念です。でもきっとこの方かしら?と思われる年齢のご主人?にはお会いしましたよ。今度山田電気に行くことがあったらまた寄りたいと思います。ありがとうございました。
    Posted by かめ姫 at 2008年10月26日 19:19
  11. 10.>> これはこれはどうもw

    御存知ない方に註釈しますと,この「同級生の花屋」というのは,我が幼馴染のコイツのことでして↓
    http://www7.plala.or.jp/iwamoto_garden/
    かつては青山のアパレル会社で小洒落れた仕事をしておったのですが,何をや思いけん,今はゴム長に麦藁帽子で園芸農家をやっておるのでございます.

    コイツは,ときどき拙宅にブラッドオレンジとか,シシリアンルージュのトマトとかハーブなぞを持って来て呉れる有難い奴でして,兼好法師も「よき友,もの呉るる人」と書いておりますが,その典型でありますな.

    【関連トピック】
    http://lagenda.seesaa.net/article/50502562.html
    http://lagenda.seesaa.net/article/18316671.html
    ---

    それはさておき.
    > 地植えが出来ない

    ははぁ.御宅の方は割に高度があって露地温度が低いのでしょうかなぁ.高度差が大きいのは伊豆の地形ゆえに已むを得ぬとは申せ残念でありますね.

    まぁ奴のところは,「ホームセンタと同じモノを扱っても敵わない」ということから,変ったモノを仕入れたあげく新味があり過ぎて売れぬ.というパターンが多く(笑),在庫にムラも多ぅございますれば,折々に覗けば面白いものを引き当てることもあろうかと思ったりも致します.
    Posted by 「い」 at 2008年10月26日 20:20
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。