2006年01月14日

誰も怒っていなかった

前にも申しましたですかね,「い」は,コーヒーと言えばエスプレッソ.という感じで,ほとんど他のコーヒーを飲まないんですが,数年前でしたか,$†@rb@cx(←文字化け)ってのが勢力を伸ばしているらしい.と評判を聞き,話の種にと立ち寄ったことがございます.

で,フツーにエスプレッソを頼んで,出て来たカップを見たら,入ってないんです,エスプレッソが.

いや,よぉく見るとホンのちょびっとデミタスカップの底を濡らす程度に何か入ってます…か? 
ここで頭脳明敏のワタシはすぐに,(これは他の客が飲み終えた空きカップが間違って出て来たに違いない)と悟ったわけです.ケアレスミスは誰にもある事ですし,もちろん温厚なワタシはそんな些事で怒ったりはしませぬよ.
そこで,「あれ?入ってないよ?」と穏やかに苦笑しながら申しましたら,驚いたことに店員は,それがエスプレッソだと言い張るじゃぁありませんか.

は? 君は?この目測20cc内外のが底にちょろりと溜まってるのが? エスプレッソだと言うのかね? ミスを認めたくないが故の強弁ではなく?

どうもこの場においてワタシと店員の間には深刻な意思疎通の断絶が生起したようでして,何より致命的なのは,量が少な過ぎ,折しも季節は木枯し吹く冬,このようにワタシが瞠目して驚いている間にも液体は刻一刻と冷めつつあり,砂糖が溶けそうにありませぬ.しかも砂糖は付いて来ずに離れたところから自分で取って来なければならぬ仕組の模様.

改めて皆様に念押しするは釈迦に説法なれど,エスプレッソに砂糖を入れないという嗜好は可成りの奇行であって,あまり頻繁に見ることとは思えぬ.一方,砂糖を入れた上で敢えて混ぜず,最後に底に溶け残ってトロリとした砂糖を味わうというのはよくある楽しみですが,もとより溶けないほどに冷めてしまっていては成り立ちませぬ.

ええ,これを読んでおられるあなたの仰られたいことはわかります.確かにエスプレッソというのは,濃いのを量少なく抽れるものであります.それはワタシも青少年時代から朝昼晩延べ数万杯 (ぐらいにはなるよな.たぶん) のエスプレッソを抽れて飲んでおりますからヨクヨク承知はしているつもりですが,いくらなんでも程度問題です.
値段を見ても納得がいきません.200円台半ばではありませんか.
仮に,この20ccちょぼちょぼのエスプレッソでお金を貰おうとしたら,せめてイタリア本国と同じく,70〜90円ぐらいで秒速飲み.即ち飲む方も特急じゃないと辻褄が合わぬ.

まぁ,こういう一過性の流行の店というのは,斯くの如き風変わりな商売でもって客に印象づけをすることが間々あるものかも知れません.にしてもワタシは,今まで,日本国内のいろんな飲食店で飲み食いしましたが,エスプレッソが微量である事が特徴の店とは,いささか奇矯過ぎると思います.

そこでワタシはついにマジブチギレ怒髪天を衝き「てやんでぇ!こんなもんがエスプレッソって言えるけぇっ!」とカップぶん投げて大暴れ.しようと思ったのですが,いや待て,ここでワタシが怒り出せば,店員や常連客から「フン.エスプレッソの何たるかを知らぬ田舎侍めが」という冷たい目が注がれるカラクリになっているのかも知れぬ.と思い返し,胸中の憤懣を押し殺して,レジ前で立ったまま2秒でソレを飲み,食器を返してソソクサと立ち去ったのでありました.

教訓,こういうものは家で飲んでいるのが無難.ってことなんでしょうが,たまには業務用の超高圧で一瞬で抽れるエスプレッソ,せめて30mlぐらいのを飲みたいなぁ.と思うワタシは欲張りの無い物ねだりなのでしょうかねぇ.

#追記#
後で人に聞きましたら,アレは大盛で頼むと適度な量だそうです.全く馬鹿にしてやがらぁ.しかも大盛の事を“ドッピオ”と言い慣わすのだそうで,そんな変なイタリア語の用例があるとはとても思えぬ.

#追記2#
そう言や,ここんち珈琲屋はカナダの会社のせいか,メニューのカナ表記が微妙に訛っていて奇妙ですね.「かふぇらて」って何かと思いましたよ.

#追記3#
『シアトルはカナダじゃねぇよアメリカだよ』ってツッコミをいただきました.てやんでぇあんな田舎町,カナダで上等だぁ.

#追記4#
味も態度も常々気に入らねぇと思っておりましたが,米国では随分とアザトイことをやっておるようでありますな.なにが「不適切な営業はしていない」だ.あのエスプレッソ自体が不適切だわい.
posted by 「い」 at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 呑み喰い
[この記事へのコメント]
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

届いた。
Excerpt:  7月23日の物欲で取り上げたものが届いた。  それは…。---  壊れてしまったのはエスプレッソメーカー。  購入したのはデロンギのエスプレッソメーカーBAR51。  インターネット通販で決算..
Weblog: 訪問者数 約数人/日の零細ブログ Nekoi's Weblog
Tracked: 2006-02-21 22:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。