2006年01月21日

ジャック・マイヨールの水中眼鏡 (なのかね?)

Luc Bessons の昔の映画で,Le Grand Bleu ってありますよね.
アレが公開された時,観終わって,なんか微妙にワタシの心に引っ掛かるものがあったんですよ.
それはつまり,デジャヴというか,ずっと昔,どこかでこれと似たことがあったような.
でも,これってヨーロッパ映画だしなぁ.映像的にはウチのあたりはギリシァやシチリアに似てないこともないし,ガキの頃の記憶とは似通っているけど,全然関係ないよな.と思ってたんですね.

こちらでも,ワタシ含め当時のガキどもは,あの映画のように,みんな素潜り道具持って磯に潜りに行き,ウニとかサザエとかアワビとかトコブシとか,運がいいとタコやカサゴとか取って喰ったりしてたのでした.一時が万事ユルい時代です.今だと密漁で捕まっちゃいますね.泳いでいてイルカに出会ったって話は聞いたこと無かったけれど,イルカ自体はそのへんに普通に居ましたし,懐かしいなぁ.漁村のガキはどこでも一緒だなぁ.と.

ところが,後になって耳にしたのには,あの映画は,実在のJaques Mayolってダイバーの半生がもとになったお話で,現実のその人は,昔,ワタシの住むあたりの海でフリーダイビング記録に挑んだことがあったとか.今はもう有名な話ですよね.

それで卒然と記憶が甦って来たんです.ワタシの少年時代,亡父が,どっか外国から来た変わり者のダイバーの手伝いをして,お礼にイタリア製のダイビングマスクと,Fisherのスペースペンをもらって来てワタシにくれたこと,地元新聞に「素潜り世界一に挑戦」なんて記事が出てたこと.
あれがきっとそうだったんだ.と.

diving_mask.jpg
ダイビングマスクうろ覚え殴り書きスケッチ.
なんせ最後に見たのが25年前なので曖昧です.

調べてみると,史実ではこっちの海で1970年に記録を立ててますから,ワタシの記憶とも附合します.
母に尋いてみましたら,確かにそれはMayol氏のことで,当時,NHKでドキュメンタリー番組にもなったらしく「父さんも出てたよ」とのことでしたので間違いないようです.ワタシはその番組は見た記憶はないのですが.
亡父は磯釣りや素潜りが好きで,あのあたりの海底の様子は良く知ってましたし,なにせ当時は小さな漁村でしたから,カタコトでも外国語が解るってことでお手伝いしたんでしょうかね.

そのダイビングマスクは,子供の目にもずいぶん上等な品物で(買うとエライ高価かったんじゃないでしょうか.つぅか輸入されてたのかな,そういう上物は),黄色いラバーと黒の縁取りがされていましたので,それに合わせて黄色と黒のシュノーケルやフィンを買いまして,海に持って行った時には,ずいぶんと子供の間ではイバリが効いたものです.カッコつけたがりはガキの頃から治ってないですね.

それからしばらくして,父はふとした事故で死に,今はMayol氏も亡くなってしまったので,詳しいことを確かめる術は,もうないのですけれどね.
ところでそのダイビングマスク,どこ行ったのかなぁ.捜しても見当たらないんですよ.きっと引っ越しの時に捨てられちゃったんだろうなぁ.
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 閑話随筆
[この記事へのコメント]
  1. はじめまして。
    素晴らしいお話、ありがとうございました。
    お父様はとても貴重なる経験をされた事と
    思います。
    しかし。もったいない事をしましたね〜。
    ひょっとしたら出てくるかも??
    グランブルーの世界は共感する事が多く
    僕にとって特別な映画です。
    Posted by 和彦 at 2006年03月10日 20:02
  2. コメントありがとうございます.
    あの映画が公開されて数年後,弟が血相変えてやってきて「兄貴! あ,あの水中眼鏡,どうした!?」と騒ぎますので一緒に捜したんですが,そのときにも出て来なかったんですよねぇ.

    まぁ,マスクが無くなっちゃったのは残念ですが,むしろワタシ的には,あのマスクを使ってサザエ穫った磯が埋め立てられて無くなったこととか,あるいは,磯の岩や根は昔通りなんだけど,海に入ると磯枯れでガラーンとして生物が何もいない状態になったのも残念ですねぇ.何か幼馴染が皆いなくなったような気がします.おぉいみんなどこ行ったんだよう.

    なぜか昔よりむしろ透明度が高くなっていて見通しが利くだけに尚更,索漠として寂しい海底の風景なんですよ.
    Posted by 「い」 at 2006年03月13日 10:23
  3. 石垣島の珊瑚礁も枯れてしまうと
    墓場のように寂しい海になります。
    本当に、どこにいったんだよぉ〜!
    って気持ち分かります。
    珊瑚礁ってそういう環境の変化が
    分かりやすい海なんですよねぇ。
    透明度の高い海だから汚れるのも
    分かりやすくて。

    ジャックさんのメッセージを多くの人に
    見てもらいたい・・それで海の事を
    考えてほしいという理由でいろいろしてます。
    あんまり大好きな海で寂しい思いはしたくないですよね〜。
    Posted by 和彦 at 2006年03月14日 21:58
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。