2006年01月26日

鼻毛

そう.鼻毛の話を,しようじゃありませんか諸君.

のっけから私事で恐縮ですが,ワタシの(前)彼女というのは,そりゃぁもう大変な美人な上に気立ても良く愛らしく,しかも教養溢るる才媛で,その上 (以下冗長につき略) な,一点非の打ち所も無い三国一の恋人でして,振られた今もかなり惜しく思うほど良く出来た御婦人でありました.

してその昔,まだ二人が永遠の幸せを信じていた頃のある日,心楽しくクルマでデートに出かけることがございまして,道すがら高速道路に入り,ふと彼女の横顔を見たるところ,ワタシは彼女の横鼻から鼻毛が出ておるのを見出してしまったのである.

それも相当の本数が

指摘したかって?

勿論しましたとも.
彼女が気付かぬまま表に出て恥ずかしい思いをしたら気の毒じゃありませんか.

無論ワタシはそんな些事では断じてゲッソリしたりはしませんが,むしろワタシをして秘かに戦慄せしめたのは,「人は常時鼻毛切りを携行してはいない」「美しい婦人と雖も鼻毛は伸びる」という,二つの厳然たる真理でありました.我ながら思索の疎漏なること忸怩たる思いです.

さてそこでこれはアフィリエイト画像なのですが,
←左にZwilling J.A. Henckelsの鼻毛切りなぞが表示されておりましょう.
あーちょっとポチるのは待て.話は最後まで聞くべし.

いやなに,このヘンケルの鼻毛切りは,かく言うワタシも十数年前に買って今も使っているのですが,この鼻毛切り,イカニモ独逸っぽい機能美が横溢しておりまして,医療用具っぽいクロームの光沢も凶々しくて大変ヨイのですが,その割には1-2年で切れ味が悪くなってイタタタタ.になりまする.しかも独逸らしい無用な凝り性の刃物形状で,再度研げるような代物ではござらぬ.

ワタシは独逸人並に痛覚が鈍感なので,切れなくなっても無頓着にバリバリとやっておりますが,これは普通の日本人の繊細な感覚には明らかに不向きかと思います.まして日本の御婦人の小振りなハナに突っ込んでバリバリ.なぞはとんでもない.涙だだだだー.な筈.AMAZONで買うなら「鼻毛」で検索して人気順で選んだ方が賢明ですよ.いやホント.

鼻毛切り.という製品デザインそのものも考えてみりゃ不思議なものでして,ハサミがあれば切れるものをワザワザああいう凝ったものを創ってみる.というのも妙な思考回路ではありますけどね.ハサミより優れたる点と言えば,それこそ揺れる車内でも安全に鼻毛を刈る事が出来る.…ぐらいしか思い付かぬ.

とまぁそういうわけで,高速道路を降りるまで,恋する二人の間には,相当,というか致命的に気まずい雰囲気が漂ったわけですが,それはともかく,ワタシが昔に聞いた迷信では,「肝臓の悪い人は鼻毛が伸びる」「睫毛の長い人は鼻毛も長い」という2つの説があります.

実は,ワタシは割に鼻毛が伸びる方である.思えばしょっちゅうバリバリ剪ってますな.しかし睫毛は普通ですので,消去法に因れば肝臓が悪い.という側になります.
まぁ悪くて当然だよなぁ.あれだけ酒呑んでりゃ自業自得である.
一方,気の毒なのは(前)彼女です.彼女の睫毛はそれはそれは長く美しかったのですが,あれは長い鼻毛と引き換えだったのか.と思うと今も傷ましくて身悶えする思い.

ともあれ,鼻毛剪りバサミは,ダイソーでも百円で売っておりますし,鼻の穴がデカくて器用な人ならWENGERのハサミでさえも切れますので,まとめて10コぐらい買って,自室内と言わず車内と言わず会社の引出にでもサイフの中にでも入れておくのが,幸せを長く保つための些細な,しかし重要な秘訣なのかもしれませぬ.
こんな簡単なことを悟らぬまま半世紀近く生きてしまった自分には悔恨の他とてないが,読者諸子にはまだ未来があろう.我が轍を踏む勿れ.

ちなみに,『そういう嫌なこと書く性格だから振られるのだ』という趣旨のコメントは警告無しに消去致しますので悪しからず.そんなことは言われずともわかっておる.
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
[この記事へのコメント]
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18316620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。