2006年02月09日

スリーミ

「い」の住んでいるところから然う遠くない街に,小田原という処があります.「小田原」と言われて皆様,何を聯想されるでありましょうや.そう,カマボコでございます.ワタシは此の小田原カマボコが大好きでありまして,まだ明るいうちから蕎麦屋の入れ込みに上がり込んで,カマボコ切ってもらってチビチビ酒を飲む.なんてぇのはコタエられませんね.いやはや絵に描いたようなロクデナシで恐縮ですが.

上板蒲鉾2本包【楽天アフィリエイト】

小田原「鈴廣」のカマボコ.ワタシはここんちのが昔から食べているだけに贔屓ですな.普段食べてるのは,同じ鈴廣でもズッと廉い奴ですが.

そのカマボコ,なにやら数年前から価格が高騰しているそうで,原因は何かと言えば,例のBSEの影響で,特にヨーロッパでグイグイ消費が伸びている故との事.はて,ヨーロッパにカマボコ料理なんてあったっけ,と思い返してみると,ははぁ,これはカニカマのことでありますね.

どうやら仏伊あたりではカニカマは割に普通の食材らしく,このへんのリンク先を見て頂きますと,正にカニカマサラダでありまして,Surimi と呼ぶのだそうです.これにブラックオリーヴの刻んだ奴とか振り掛けてレモンとオリーヴオイルと塩胡椒.と来りゃ完璧イタリアですな.
しかし日本でもあまり日常語とは言い難い「すり身」なんて言葉が定着するに至った事情って何だったんでしょぅ.こういう不思議な日本語って,ハラキリとかタイクンとかスキヤキとか間々ありますよね.
いや,スキヤキって日常語でしたっけか.
…最近見てないなぁ.

ってことで真似するのも悔しいですからツナと一緒にパスタにしてみました.ツナカマタリアテッレ.
tunakama.jpg
トマトの残りがあったから使いましたけど,これはクリームソースの方が良かったな.味そのものは悪くありませんけど.
飲物はスプマンテを切らしてたんで代用にNIKKAのアップルシードル・ドライ280円.でも此れは美味いですよ.
代用なんて言ったら(竹鶴)正孝くんとリタたんに失礼ですね.見かけたら是非御賞味あれ.

しかしナンですね,いくらイタリアでカニカマが一般的だと言っても,日本のイタリア料理屋でカニカマ料理とか出したら「此れのどこがイタリアンだ!」って怒り出す人,きっとたくさん居るんだろうなぁ.
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呑み喰い
[この記事へのコメント]
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18316634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。