2006年02月16日

勝手丼創成記

北海道・釧路の名物に「勝手丼」というのがございます.どのようなものかご存じない方は上記リンク先を御覧願わしう存じますが,記事中に書かれている…

>15年ほど前、バイクで北海道をまわっていたライダーが、お金はないけどイクラを思いっきり食べたい、と市場をウロウロしていたところ、ある鮮魚店の主人が、惣菜店でごはんを買ってくればイクラをのせてあげようと

この勝手丼誕生に関わった金のないライダーとは多分きっと,ワタシたちのことでございます(苦笑)

正しくは1986年8月のことですから,もう20年になりますか.月日の経つのは早いものですなぁ.ワタシもまだ若かった.
但し,自分たちの名誉のために申しますと,ワレワレは,あの時,決して全くお金が無かったわけではなく,たまたま銀行が開いておらず,当時はサンデーバンキングもコンビニATMもありませぬゆえ,懐中に1500円(各人平均)しか持ってなかっただけであります.……ってお金無いことには変わり無いですが.

更にその乏しい懐中でも諦め切れずシツコク未練がましく空腹を抱えて市場をウロウロしておるあたりが若き日の自分をアリアリと見る気が致しますな.つまりそこで潔く立喰蕎麦とか一膳飯屋とかには行かないあたりが如何にもそれらしい.

まぁワレワレが開祖だ.と胸張って断言出来るだけの確証はございませんし,そもそもそんなことは自慢にも何にもならぬのですが,少なくともごく初期の創成期にワレワレが立ち会ったことは間違いないところでして,すなわちその時,ごはんを買って市場内をウロウロ物色しておりますと,明らかに不審者を見る目で見られまして,そりゃそうです,客観的には無精髭生やした薄汚い格好の数人のライダーが片手に大盛りのゴハンだけを持ち,スルドイ目付きで少しでも安くて量の多いイクラやウニを求めて市場内を幾周も幾周も執拗に徘徊しているの図であり,これは何か新手の万引窃盗団ではないか,などと思われても無理からぬ.

そして当時はまだ未踏の食べ方ですから,市場の入り口でワレワレが出来上がった勝手丼をば豪快に爆食しておりますと,いかにも美味そうに見えるのか,現実に非常に美味いわけですが,観光客と思しい方がオソルオソル「そのお弁当はどこで売っているのですか」とお訊きになったりも致しますので,親切に処方をお教えし,また,後から来た見知らぬライダーたちにも此れを教え,後々まで口伝するように頼んで立ち去ったことを楽しく思い出しますよ.

その晩の宿(と言ってもいわゆる簡易宿泊所ですが)でも,相宿になったライダーやチャリダーや鉄オタたちに「このような要領の良くて安くて美味い食い方がある」と得意面してサンザン吹聴しましたから,ああいう事は悪事千里を走ってアッと言う間に広まったのではないでしょうか,翌年に同じところを訪れた時には,すっかり知られた食い方になり,既に万引窃盗団と間違われることもなくなっていましたので.

しかし何ですな,カニも高価くなったもんですな.あの頃はソ連 (って国家がありましたね) の密輸品だか密漁品だか知りませんが,花咲ガニなぞ馬鹿に廉く,ナンボでも買えたものですけど,今はちょっと学生さんには手が届き難い高級品になってしまった感がありますねぇ.
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 呑み喰い
[この記事へのコメント]
  1. 最近どうも Wikipedia からリンクを伝って来られるアクセスが増えたと思いましたら,「勝手丼」のリファレンスに挙げられておるようで→.http://easyurl.jp/bln
    思えばあの頃は今のように釧路名物として盛行となるなど思いもよりませんでしたのぅ.

    当時の和商市場というのは,今のようなショッピングセンタ風に改装される前でして,木造と鉄骨の混構造というか文字通りの市場風にて地元密着,正面のホールなども無く,我々はそのへんの路上で立喰,または屈み食いしまして,これまた我ながら見苦しく,イマドキのコンビニ前に屯すチンピラ高校生と変わらぬ.

    いや,風体の点ではもっと悪かったかも知れぬ.だいたい和商市場に赴く数分前までは釧路駅前の軒先で防水シートかぶってゴロ寝の野宿から目覚めたばかり.てかそういうのは地元釧路市民の皆様に迷惑であるから真似しては不可ぬ.下調べなぞも一切しておらぬので,ただ界隈を迂路ついておったらソコに食い物の気配がしたのでフラリと迷い込んだが事の起こり.

    今は流石にそういう手荒い野宿ライダーも少なかろうと存じますが,当時はけっこう我々のような気侭すぎる連中も多かったのでございます.普通なら叩き出されても文句の言えぬところ,有難い申し出をしてくれた魚屋のオッチャンには,いくら感謝しても過ぎる事はありませぬな.
    Posted by 「い」 at 2007年07月17日 10:48
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。