2006年06月16日

When The Sentos Go Machi In -2

前回から続く
ということで主だったところの温泉銭湯を御紹介いたします.無論,ワタシのコメントには例によって全く何らの正当性も客観性もございませぬ上に全くの無保証であることを先に申し添えます.また,此の街の銭湯は本編に記しただけではなく,まだ幾つもの銭湯があり,かつ旅館等の日帰り湯,立寄り湯まで含めますと膨大な数となってしまいますので選に漏れているからと申して悪いと言うわけではございません.と言うか同級生の実家も銭湯だっけ.選外だけど悪く思うなよM落.

では,まずは.


芝の湯

芝の湯此方は最新の建物でございます.駐車場も広めで,ヨソから車でお出での方でも気軽に御利用頂けましょう.海のすぐ傍で国道からも近いため海水浴帰りの立寄にも良い立地になりますか.但し気軽な分,味わいは薄いとも申せます.まだ人生に希望や野心がある方,お子様や御婦人連れ向けかと.
ちなみに立地が町外れなれば湯上がり後の徒歩圏内の飲食等は手薄でございます故,入浴後には寿司屋でビールと河童巻がないと納得出来ないような方には不向き.強いて近所の飲食店を挙げればここ (地図はこっち)ですかね.1階が魚屋で2階が食堂になっておりますが,食堂が終わるのが物凄く早いので喰ってから風呂が宜しいでしょう.

【2007-02-17 追記】
後日になりますが徒歩圏内に良心的な寿司屋を見出しましたのでこちらにレポートしてございます.
【/追記】

○お手軽にそれらしい.松原湯

松原湯最も繁華街に近い銭湯でございますね.此の街の銭湯入門に最適.と申しておきます.
 海側に徒歩3分行けば海岸遊歩道とファミレス,山側に3分行けば適当な飲食店も多い.川沿いの散歩道にも5分と近く,便利な場所にございます.個人的にはすぐそばの四つ辻にある屋台店のヤキトリでビール.なんてのがイイ感じかと.但し銭湯自体の場所は道から引っ込んでいて聊か解り難ぅございますな.


○可成り渋目.の岡湯

岡湯設備はボロく駅からも遠いのですが,ごく近所には例の「浜名亭」がございます.また川沿いの遊歩道などもあり,湯上がりのところを川風に涼み乍らブラつくのも宜しい.洋食でしたら「満月」,それから「ボンナペティ」も至近であります.瓶山の茶亭も近所ですが,坂が急ですので必ずや昇り降りに大汗をかき,折角入った湯が無駄になること確実なれば巡回順序の段取りには充分留意されたい.


○人生投げ気味.の鎌田湯

鎌田湯非常に不便かつ解り難い場所にあるのですが此処の最大のメリットは,至近距離に寿司屋鰻屋があることでございます.これで蕎麦屋があれば完璧な自堕落モードなのですが.
場所が不便な分,少台数なら車も止められまする.好都合,と申すべきかどうか,近所に小さいが競輪場まであり,有り金突っ込んでスッテンテンになるも亦一興.ある意味で人生を投げてしまいたい人向けかと思います.


○此のベンチで頓死出来たら.の和田湯

和田湯此の銭湯がある商店街は,先般「メトロ(地下鉄)に乗って」の映画ロケに使われた場所でございます.人生に何の面白いこともない,しかしそれがいい.という突き抜けた方に向くかと存じます.
近所の肉屋でコロッケを買いまして,前のベンチでビールなど飲りながら夕焼けを眺めておりますと,ダメな人メーターの針がぐぐっと上がること請け合い.

【06/06/22追記】
たまたま「ああ、温泉-種村季弘とマニア7人の温泉主義宣言」という本を読んでましたら,種村 季弘が和田湯を推薦銭湯に挙げておりました.『川の向こうの伊東車庫のあたりがフロもいいし飲み屋や蕎麦屋もうまい』だそうです.あの先生も一昨年に歿くなるまでは,よく此の界隈を風呂上がりにウロウロしたり蕎麦を手繰っておられたようですな.全くしょうがねぇ爺さんでございます.俺もか.

此の街の温泉は総じて単純泉でありまして,殆ど無色透明無味無臭に近ぅございます.よって入浴後に硫黄臭いとか,石鹸が泡立たぬということはまずない.なのでツイ普通の沸かし湯と同じように思ってしまうのですが,舐めて掛かると意外にノボセまして,中々冷めて参りませんので入りすぎると数時間後に湯当りとなって苦しむことになりますれば銭湯のハシゴをされる方は要心されよ.

また,意外と知られぬことではありますが,温泉と言うのは湧出温度がけっこう変動するもののようでして,特に地震の前後ですとか地下の火山活動が活発な時は莫迦に熱くなったりヌルくなったり,多少濁ったりも致します.まぁそのあたりは風呂屋が適当に水でうめたりボイラーで温めたりして調整するわけですが,総じて此の街の習慣としては,やや熱目が好まれるようでございますね.

【関連エントリ】
寿司食いねぇ
浜名亭
ハンバーグ
レトロに乗って
posted by 「い」 at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話随筆
[この記事へのコメント]
  1. いいですねぇ、ふらりと温泉に、それも格安で浸かれるだなんて。
    そういえばこのところ温泉行ってないです。
    温泉銭湯は何時ころまで開いているのでしょう。

    そうそう、営業時間といえば例のうどん屋の営業時間は、
    朝6時半(!)から夜7時半まで、しかも年中無休だそうです。
    Posted by 某店長 at 2006年06月16日 17:48
  2. 然う云えば営業時間について触れておくのを忘れてましたな.
    此方の温泉銭湯は,ところによって多少のズレはありますが大体は昼過ぎの14時頃から21:30頃までが入場時刻で,閉店は22:00くらい.とみておけばよいかと存じます.正月以外は朝湯はやっておりませぬ.定休日は大体火曜日か水曜日あたりで,一斉休業にはなりませぬので,毎日どこかしらは開いておりますね.
    Posted by 「い」 at 2006年06月16日 20:19
[コメントをどうぞ]
お名前: [必須]

メールアドレス: [必須.表示しません]

ホームページアドレス:

コメント: [必須.お行儀の良くない言葉にはエラーを出します. なお,サーバの気紛れでコメントの反映が遅れる事がありますが,気長に御覧ください]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19327947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。