2009年08月12日

事もなし

昨日の台風と地震,皆様からご心配,お見舞いのメールなど頂きましてどうもありがとうございます.こうして書いております通り,おかげさまでワタシや拙宅には全く被害なく過ごし居ります.

地震当日,同時刻の模様は,こちらの Twitter ログの,05:07 あたりから時系列で記してございますので,興味のある方は御笑覧下さいませ.

ちぅことで,ひとまず.
posted by 「い」 at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2009年04月22日

たった今,見たばかりの夢を書く.

たった今,見たばかりの夢を書く.
ある日私は,我家の2階を貸している下宿人の男に,小鳥を暫く預ってくれるよう頼まれた.腹の羽毛は白く,羽根は緑色のメジロに似た,まだヒナから羽根が生え揃ったばかりの幼鳥である.ただメジロと違って目は真黒で,瞼の縁を赤く細い線が取り巻いている.理由は知らぬが北朝鮮から一時預った小鳥であると言う.

この下宿人の男というのは外務相勤めの独身で,給料は高いらしく良い背広を着ているが,生活態度はダラシ無く,酷くケチな癖に見栄っ張りで自分勝手な厭な男である.都心に建つ古いメゾネットの我家に間借りしているのも,官舎で自分が家事をするのが厭で,さりとて掃除婦などを雇う気もないケチな上に出張が多いので,高いマンションに住む気もないからと察せられる.尤も私も先年に家内を歿くし,寄る年波と共に古傷を負った足が不自由になって2階は使っておらぬし,御多分に洩れず家計が苦しいので双方の都合は合うのだ.

是非の返事も待たぬままに男は私に小鳥の籠を押し付けると,背広を着て出て行ってしまった.実に得手勝手だが,さほど邪魔になるものでもない.私は机上の片隅に籠を置いたまま午前中の書き物を終え,気がつくと昼飯時である.今日は桜の狂躁も終わって青葉時の天気もよく,飯の支度もしていないので近所のラーメン屋に行く.既に売れてもいない初老の貧乏デザイナーの私が気軽に外食出来るのも,奴の払う下宿代のおかげと思えば苛立たしさも紛れるというものだ.家中の戸締まりは面倒なので,そのまま籠を提げてサンダル履きで歩き出す.小鳥は猫にでも襲われると困るが,他には盗られて困るような物は何も無い.
(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 10:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2008年05月31日

明日の若葉

去年も書きましたが,再びアシタバの旨い季節がやってまいりました.

いや山菜はアシタバに限った事ではない.ましてアシタバは厳冬期以外は何時でも採れるのですが,最近はワラビやゼンマイ,ツクシやタラの芽などの人気種は競争率が高ぅございまして,芽吹き具合を見ぃ見ぃ摘む頃合を計っておると,ふと油断しておるうちに根こそぎゴッソリ取られてしまいおる.
結果的に今年はあまり採る能わず,春先に僅かに採って水煮にしておいたワラビなぞを今もチビチビと食い延ばしておるという,相当にシミッタレた状態になっておるわけですが,その点アシタバは当地にては格落ちの雑草扱い,さらに繁殖力旺盛,加えて新来の住民には馴染みが薄いと見え,採るに苦労がございませぬ.

さよう新来の住民.
ここ伊豆の辺境も,昨今の……何と言ったかな,そう「団塊世代の大量離職」から,えーと「充実のカントリー・セカンドライフ」とやらを受けて人口密度が上がりつつあるようでございます.【注】 どうやらダンカイの人々とは,高度成長を全速力で駆け抜けて来た慣性がついておる上に,未だ老衰の翳りどころか精気横溢,山菜採りでも60年安保粉砕デモの如き怒濤の気合で臨むと見える.方や当方は「シラケ世代の覇気の無い若者」の成れの果てゆえ,到底その気魄に於いて及ぶところではな〜いもんね〜.と当時風の語尾で書いてみたり.

【注】総務省統計局 平成10/15年 住宅・土地統計調査
2003年の日本全国の別荘の戸数:257200戸
1998年の戸数219800戸に比べ35400戸増加.うち静岡県の別荘戸数,直近5年間で約1万件増加して03年に長野県を追い抜き首位……すなわち直近5年の日本に建った別荘の実に28%が静岡県である.


そういうわけで伊豆に転居をお考えの諸兄,競争はかなり熾烈でございますぞ.持ち前の気合を振り絞り,伊豆での家探しには腹を据えて掛って頂きたいわけだ,が.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 19:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2008年05月27日

一方ロシア人は露出プレイを楽しんだ

以前のことになりますが,友人が旧式カメラに凝り出しまして,手始めに eBay でウクライナからKiev-4a を買い込んで来た事がございました.その折,件の年若の友人は「キエフ」が旧ソ聯時代に日本に正規輸入されていたことを知らなかったのには,ちと隔世の感に打たれた「い」でございます.

# しかしあれも「正規輸入」と言うのでしょうかのぅ.以前のキエフは新橋の「メイボーオプテル」とか申す会社が売っており.アサヒカメラなんぞの広告には日本総代理店と書いてありましたが,訪ねて行くと店という雰囲気ではなく,古ぼけた地味なビルの2階か3階にヒッソリと事務所があり,戸口の小さなガラスケースに Kiev-4 やらKiev-88やらが並んでいるだけでして,声を掛けるとカギをジャラジャラ言わせて出して見せてくれたものでした.
やはりキョーサン主義というのは,華やかな店構えだと資本主義的頽廃ってことで不可なのだろうか.折しも冷戦酣の頃でもあり,最初に訪のうた時には社員がみな露探に見えてしまって困った.いやゾルゲ一味でもあるまいし実際はそんなワキャない.…と思いますが,今となっては確かめ様もない.

# 余談ですがモノの本によりますと,ゾルゲ一味が実際に機密書類や図面の複写に使っておったのは,CONTAX 1 に Sonnar F2,後に CONTAX 2 に Sonnar F1.5と特製の接写器で,ゾルゲ本人は LEICA と ROBOT を愛用だったそうな.LEICA はド定番で何の芸も無いが,ROBOT というのは中々渋いですな.まさかその実績によって CONTAX の優秀性がスターリンやベリヤに強く印象され,敗戦直後のツァイス・イエナを強引に接収する一因となった…てな可能性も零ではないと思うが,今となっては確かめ様もない.

もちろんワタシの若い頃というと,まさかゾルゲの昔でもあるまいし,ソ聯のカメラは西側から見れば既に完全なシーラカンスであって,あえて興味を示す猟奇の徒は多くはなかったとみえ,確かボディに Sonnar のコピー f1.5 50mm が付いて3万円そこそこでしたから安いのですが,捗々しい売行きではなかったような記憶がありますが実際はどうか,今となっては確かめ様もない.

ただワタシは昔から利き目の右に乱視の気味があり,二重像合致を苦手としておりまして,斯様な古典35mm カメラの中では,Kiev は戦前の CONTAX ほぼそのままのファインダゆえに明るく見易いため,割に好きな機械でありました.例えば皆様よく御存知のバルナックライカのファインダなぞは,接眼部が非常に小さいし暗いこともあって相当に見辛いのである.高齢の LEICA 使いの方はあれを器用に老眼鏡越しに扱われるようだが.

おっと,マニアでもあるまいに,今回は古典カメラの話をしたいのではなかった.そのテの話であれば他にもずっとタメになるサイトも多からん.いやなに,話はもっと他愛無いことにて……

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2008年05月23日

スパイダーマンの性欲

いささか面映いのですが,ワタシは性欲が弱いのではあるまいか.

こういうことは定量的に比較する手段はないので,単にワタシがそう思っておるだけなのですが,世の中にはワタシより性欲が強い人の方がずっと多いような印象があります.
これはワタシの若い頃からそのように感じておりまして,老い涸れ衰えた果の疑心暗鬼ではない.例えばワタシがまだ血気盛んなりし20代の頃,こういうことがございました.

ある日の払暁,世界が目覚めるには未だ早過ぎる刻限であります.夜なべ仕事を終えて就いたばかりの寝床で浅い眠りを貪っておったワタシは,妙な物音と息遣いに気付いたと思いねぇ.

その頃に住まっておったワンルームマンションは,構えはそれなりの体裁なれど,内壁工事がお粗末にて物音が漏れ易く,道理で妙に家賃が安いと思ったが既に入居してしまったものは是非も無し,また我が隣室はウラ若い美人の娘が住んでおって,単なる美人でおれば目の保養で結構なのですが,彼女も一体の生物であって人形に非ざれば,人の為すような事は一通り致します.否,一通り以上である.
とりわけ悪い事に彼女は大変に房事が好きであった.


(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2008年05月17日

パイプ

何でも神奈川県では公共施設内での全面禁煙が条例化との事で,もとより屋外禁煙区域も全国的に拡大の一途,さらに「い」は良く知らぬが自販機利用に個人情報の入ったカード必携となるなど,煙草呑みの方々に於かれましては増々逆風強まる今日この頃でございますね.

そこで今回は,それでも煙草をやめる気のない偏窟固陋な方々に向けましてひとくさり.
念を押しますがこの話は,能動的に「煙草をやめない」人向けでありまして,「ワタシはこうして煙草をやめました」の宗教体験談ではない.また「やめたいのだがやめられぬ」という方には,ワタシは何も言う能わざる.強いて申せば,こういうモノを試されては如何.

# 尚「喫煙是か非か」や「なぜ煙草をやめないのか」を鼻の孔拡げて朝まで大討論したい方は,ワタシはお付合い出来かねますゆえ,何処なりと然るべきところでやって頂きますよう.

さて昨今の状況を鑑みまするに,現代の喫煙というものは,屋外,及びパブリックな場所では基本的に喫えぬものと考え,専ら宅内や限られた場所での内輪な娯しみとせねばならぬ.ということを前提にする必要がございましょう.
とすれば従来慣習的の喫煙を漫然と続けるのも工夫が足らぬ.そこで温故知新,ここに持ち出したはスモーキングパイプ.さよう,ワタシは長い移行期間を経て,先頃より完全にパイプへとシフト致しました.

パイプ
【今くわえておるは得体の知れぬノーブランドのパイプ.Yahoo! Auctions で1.5k円也】

以下に述べるは,その移行に伴って「い」が経験し,思った事などでございます.さてもパイプ道と申しますと,無闇にヤヤコシキ事を唱うる通人怪人が百鬼夜行する伏魔殿なるは重々承知,そこに敢てワタシが言挙げするは蛮勇なれども,モノ言わぬは腹膨るるワザとも申しますでな.
なぁに連中の言う事とて仔細に聞けば,夫々が矛盾したことを言うておるに決まっておるわ.

まず少年時代から幾星霜,永年親しんだ紙巻煙草を排し,「い」がパイプに切り換えた最も大きな利得とは何か.それは,劇的なる煙草代の削減.であります.こいつぁワタシのような貧乏人にとって一大事,パイプが持つプチブル的イメージとは違うかも知れぬが紛れもない事実.これによる煙草代の削減効果は,辛目に見積って1/2,うまくすると1/3にもなろう.こんなウマイ話は今時そうそうあるものではないぞ.ワタシはホラは吹くが嘘は吐かぬ.

では具体的に,実際のワタシの経費削減効果について,詳細を述べましょう.
まず過去のワタシは1日に1箱の PALL MALL,乃至は Hi-lite を消費する,極く一般的の喫煙者でありましたが,これら日単価を1ヶ月=30.4日で掛けると,8816〜10032円/月であります.むぅ,数字とは冷厳なものとは申せ,改めてその高額さに唸らせられますな.
それがパイプに切り替えてどうなったかと申しますれば,現在3865円/月.すなわち56〜61%削減となりました.どうだ恐れ入ったか.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 00:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2007年12月28日

手帳 -2

A5ノートと言うわけで,現在のワタシの手帳体制はどうなっておるかと申しますと,デスクトップダイアリは変わらず A5サイズ.リフィルも変わらず Time/systemですが,バインダーはコクヨの Personal Gear (廃盤品) というジッパー閉め型で,大きなポケットのあるもの.これに文房具一揃えを放り込んであります.

同じような事を考える人は居るもので,検索してみると【ミニ書斎を楽しむ】というページがありました.
ワタシも以前はヴォイスメモやらプログラム電卓,果ては PDA も入れてありましたが,今はスケジュール管理やカレンダーなどはパソコンの PIM ソフトが発達して代替しましたから,これは単なるノート代わりとなり,搭載しておるのは専ら紙媒体の汎用リフィルばかりであります.

# リンク先の Time/system のセットの値段を見て驚かれた方も居られましょうが,買って使うのは一部のリフィルだけなのでして,昔ならいざ知らず,ワタシがあんな高いものを買えるわけがないのでございますよ.

パソコンと手帳の連携と申しますと,最も問題になるのはデータの同期ですが,これは直接リフィルに書かずに,先ずは Post-it にメモし,内容を吟味してから,継続的な作業や定期的繰り返しが必要なものを PIM ソフトに転記して対処しております.まぁ To-Do などは殆ど些事ですから,PIM ソフトに入れるまでもなく Post-it の段階で処理して捨ててしまうので,ディジタルデータと手書きメモのシンクロ問題は少のぅございますね.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 20:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2007年11月27日

紅葉に響くは電子の歌声

だいぶサボっておりましたが,皆様は如何お過ごしですかな.ワタシは例によって体調芳しからず.朦朧たる1ヶ月を過ごしました.折々に窓外を眺めますと,緑色だった筈のモミジやイチョウがタチマチにして赤くなったり黄色くなったりしておりまして,何やら高速度撮影で外界を見ておるような感じであります.

こういう時は積極的の生産的活動をする気力も体力もございませぬゆえ,専ら受動的に時を過ごすわけですが,受動行為で最もラクなのは音楽でありますね.自分で演るとなると,あれほど草臥れるものも他にはあまりないと思いますが,貧窮の折に電子ピアノも売っ払ってございますれば今はただ聴くのみ.しかも現在は iTunes という文明の利器のおかげで,ライブラリの1万数千曲を流しっ放しにしていても1ヶ月は音が途切れぬ勘定であります.

そうやって曲をランダムにシャッフルして聴いておりますと,どういう順位で演奏されるのか知らぬが,先に取り上げた,唯今話題沸騰のボーカロイド・初音ミクの歌声 (と言って良いものでしょうかな) が耳について参ります.

いや,それが不快だと言うのではない.難があるとすれば曲調であります.
製品特性からか,それとも演奏者の嗜好か,現在の初音ミクの既発表曲は,少数派の上質のオリジナル (例えばこういうのこういうの) や,戸川 純やヒカシューなぞのリメイク (けっこう秀逸である) を除けば,アニソンですとかゲーソンですとか,ワタシが普段全く聴かないジャンルのカヴァー曲が多いのでして,それはそれで耳新しく,楽曲自体も悪いわけではございませぬし,アニソンだからと軽んじる気持もありませぬ.が,やはりスイートスポットから些か外れておるのは,誰が悪いでもなくワタシの好みの所為である.

となると,ワタシが普段聴いている曲は邦楽が少のぅございますゆえ,ソースを海外に求める成り行きとなるわけですが,そこで海外の VOCALOID 事情は如何なものか,と試みに検索してみますと,どうやら台湾や中国に少しばかり盛り上がりはあるものの,実際の演奏例は殆ど見当たらぬ.まぁこれは製品として中国語板ボーカロイドが存在しないのですから当然か.

では欧米ではどうなのか.これは調べる前から解り切ったようなことですが,総じて西洋人ってのは,機械が人間の真似をする事を好みませぬな.
西欧文明の文脈では,人に似せて作られた存在というのは,リラダンの「未来のイヴ」や,「フランケンシュタイン」を例に出すまでもなく,凡そピグマリオニズムの行き着く先は悲劇かホラーと云うのが御約束.また純粋に技術の分野である筈のロボット工学分野でも,自律的人型ロボットというのはどうも西洋人にはウケが宜しくございませぬ.

まして声となると好かれるわけはない.何せ西欧の歴史は「初めに (神の) 言葉ありき」からスタートするのであります.そのような神聖なる「声」を機械が真似るなど僭越極まる…と感じられるのでしょう.
このあたり,何でも擬人化するのが好きなアジア人とは大きく違うところでしょうかな.思えば仏像なんぞも擬人化でありましょう.そも「仏」ってのは宇宙の原理というか抽象概念で,それを人型に現すというのは,偶像崇拝というより擬人化好きから来ているのではなかろうか.

しかしまぁ,数は少ないものの,古今の西洋人の中には,ルネ・デカルトハンス・ベルメールベルナール・フォコンのように強まった人形愛の人は居ったのだから,いわば声の着せ替え人形たる VOCALOID 好きの変人も居るのではないか.近年では押井の「イノセンス」とて欧米人に好評だし.
…って変人探しをしておるのではなかった.捜すべきは合成音声音楽でした.

…というわけで,手始めに海外の VOCALOID ベンダのサイトを見てみますと.


(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 18:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 閑話随筆

2007年10月02日

みっくみくにしてやんよ♪

目下,初音ミクをヘヴィローテーションで聴いております.

…何が悲しゅうてワタシのようなイイ歳こいた初老のオッサンがそんなベタベタにヲタ臭い話題を取り上げるか.などと白い目を向けないで頂きたい.ワケは読めば解る…かどうか.

miku.jpg←さてもこのキャラデザと申しますか,イメキャラのデザイン,こんな「パッケージをズッと見詰めてる」のを家人にでも目撃されたら我々分別盛りの中高年としては社会的信用ドン底失墜疑い無しですが,まぁ御同輩諸氏よ,周りが無人である事を確認の上クリックし,よくよく落ち着いて御覧ぜられよ.

気が付かれたでしょうか.今更「い」のような年配のオジサン達の多くには説明不要かと存じますが,YAMAHA DX7 へのオマージュというかリスペクトな事は一目瞭然であります.そも「初音ミク」というロゴからして,“DX7” の本体ロゴを意識してデザインされておるようですな.

これでピンと来なきゃ80年代テクノ少年の成れの果てとしてはモグリでありますが,なお解らない若年性健忘症は,坂本龍一が1910年代イタリアの前衛美術 (今となっては忘れられたクラシック) をモチーフに作ったアルバム「未来派野郎」あたりでバリバリに使われておったデバイスだった.と申し上げれば,音で思い出されませぬかな.このアルバムは「未来派2009」という本も同時発売されまして,確かワタシも両方買って今も書庫のどこかに眠っておる筈である.しかし…

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 05:55 | Comment(6) | TrackBack(1) | 閑話随筆

2007年07月12日

眼鏡男子

割れたレンズ以前のエントリ:“眼鏡っこ” で話題にしましたRANDOLPHのストレート・テンプル・グラス HGU-4/Pですが,落してレンズを割ってしまいました.

この眼鏡を誂えた頃のワタシは,まだ老眼も顕れておらず,また懐中も割合に潤沢でしたので,Ray-Banの度付調光などという割合に高いレンズを入れて使っておったのですが,それが近年,次第に老眼が進行して来る一方で,持ち前の近視はそのままという忌々しい状態にて,近くも見えぬが遠くも見えず,図書館や本屋では眼鏡を掛けたり外したり額上に押し上げ下げで忙しなく,そんな折にウッカリ手が滑ってパリンとやってしまったわけでございます.ヤレヤレ.

目下の「い」はお金が無くて眼鏡が修理出来ぬのですが,この HGU-4/P,まだ他に幾つか持っておりまして当面は支障ない.何故に幾つも持っておるかと言うと,こいつは日本国内でこそ高いが,米国内では軍隊で支給するぐらいの量産品ですから非常に廉価でして,懐具合の暖かい頃に複数取り寄せたからであります.送料は一括なので,その方がずっとトクなのでした.

それよりも困るのは,先述の通り,現在ワタシは将に老眼進行の真最中でして,いま眼鏡を作り直しても早晩度が合わなくなるは火を見るより明か.これをお読みの若い諸君はまだまだ老眼には間がありましょうから知った事ではなかろうが,遠近両用眼鏡というのは大変に高価いものであって,それを毎年更新して行くのは甚だ勿体無い.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 12:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話随筆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。