2008年06月17日

大人の男の (完結編)

拙ブログの過去エントリを読み返していて気付いたのですが,ぱんつの話,迂闊にも完結までに1回を残して掲載し忘れておったことに気付きました.中断したまま丸2年半とは,随分と間が空いたものですが,今回こそ終わらせますぞ.

さて話は,友人夫婦が荘重なる Ermenegildo Zegna のミラノ店に勇躍突入したところまででしたな.

おもむろに出て来たのは,慇懃で滅茶苦茶に重々しい態度の番頭であったと申します.ヴィスコンティの映画に出てくるような黒服禿頭肥満の執事風でもあろうか.そこで交わされたやりとりを,友人夫婦からの土産話にワタシの想像を補って再現しますと.

番頭「何をお捜しでしょうシニョーラ?」
友人妻「ぱ ん つ」
―壮麗な大理石づくめの店内では,さぞ異様に響いたかと存じますな.

番頭「ぱんつ.でございますか」
友人妻「そうだ.ぱ ん つ.だ.男物の. それを友人から求められた.此処に来ればそれが得られる.と友人は云った.我々はそれを得るために日本から来た」
(あまり流暢でない固いイタリア語のニュアンスでございます)

―すかさず夫が助太刀.
友人「我々の友人は,貴社のぱんつを長年求め続けている.そして今,我々はそれを託されている.友人の望みを叶えてやりたい.あれは気の毒な男なのだ」
(まぁたぶんこんな感じのイタリア語なのではないかと)

権高な番頭の顔が,一瞬,困惑に曇ったと申します.確かに妙な注文には違いない.商品として存在はしていても,店頭に拡げてあるようなものでもない.そも「天下の Zegna にぱんつだけ買いに来る日本人」という行動自体が不審である.
ただ,昔読んだ林 真理子の随筆だったと思うが「最上質のホスピタリティというのは,顧客がどんな唐突な注文をしても平然として事に当ることである」てな意味の一節がありましたが,この番頭も見事にそうであったらしい.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | デザイン

2008年05月20日

YAMAHA HP-2

以前,YAMAHA HP-1 というエントリを書いた事がございます.詳しくはリンク先をお読み願わしぅ存じますが,今でも検索で飛んで来る方がおられるようですし,Yahoo! Auctions などを見ると,稀に中古の出品があるようですが,新品時定価 (確か15〜17k 円ぐらいだったと思うのよなぁ.ワタシは確か1976年12月の秋葉原で11.3k ほどで買うた) は疎か,すんげぇボロボロの奴でも愕くような額で落札されて居ったりして,いまだ人気機種と見えます,にしても若い頃のワタシが使ってた32年前のヘッドフォンがなぁ…と思うと,隔世の感と共にいささか呆れも致します.

# たかが32年と思わぬでもないが,1976年12月からさらに32年遡れば,秋葉原あたりはB-29に爆撃喰らってた頃ですからのぅ.いや,流石にその時代を知ってるわきゃないが.

仮に皆様が予断無しで HP-1を試聴出来る機会があれば大方は賛同頂けると存じますが,少なくともワタシが此奴を出来るだけ客観的に聴く限り,音の品質やデザインは現代でも通用する水準にあるとは思います.がしかし,かほどの大金を投じる甲斐があるか,と考えるといささか微妙.とは言え趣味の世界というのは Georges Batailleなんぞを持ち出すまでもなく本質的に蕩尽行為にて,諸氏らが価格度外視で斯道を追求することにイチャモンを付けるつもりはございませぬ.

ましてオーディオ分野と申しますと,無闇にヤヤコシキ事を唱うる自称通人怪人が百鬼夜行する伏魔殿なるは重々承知,そこにワタシが敢て言挙げするは蛮勇なれども,モノ言わぬは腹膨るるワザとも申しますでな.なぁに連中の言う事とて仔細に聞けば,夫々が矛盾したことを言うておるに決まっておるわ.
ということで今日の本題.

この HP-1,妹分と申しますか廉価版と申しますか,同時期に HP-2というのも併売されていたことを御記憶の方は居られましょうか.パチモン臭い名前ですがちゃんと YAMAHA 製である.
これがどう HP-1と違うかと申しますと,Mario Belliniicon デザインのアピアランスはクリソツでありまして,HP-2 には色違いのアイボリーもあるが,マットブラックの同色同士だと,横に並べない限り,書かれている品番と着いていた値札以外では見分けがつかぬ.当時の秋葉価格で申しますと7.4k 円ぐらいでしたか.

11.3k と7.4k,価格差も微妙で,どうして当時の YAMAHA がこんな中途半端な商品構成を致したのか存じませぬが,それ以外の違いはと申しますれば…と,ここで解説なんぞしても詰らぬし手許に資料も見当たらぬので止め…32年前の記憶だけに限って書きますと,まずもって HP-2は軽い.
HP-1というのは,軽快なフォルムとプラスチック材料,半解放型の形式から軽く見えるのですが,実際はそれほどでもない.これはたぶんユニット質量に依るので,オルソダイナミック型ちぅのはユニットとほぼ同じ径の多孔型磁石で振動板を挟んでおりますれば,磁石の重さが隘路となって,さほど軽く出来なんだと推測致します.今ならもっと軽量で磁束密度を上げられる磁石もあろうが,既にこの形式自体に需要が無からん.

# 余談ですが,当時は,軽いのが欲しいなら Sennheiser の HD414一択ということになっておりました. (←左の絵のやつ)
これは西独のデザインアワードで,“グーテ・フォルム” というのがあったのですが,その賞も取った美しいフォルムで,確か60年代末か70年代初期から売ってる非常なロングセラー.今も復刻版があるようですが,昔の色はボディ白/イアパッド青だったような.
実は当時のワタシも HP-1を買うにあたって HD414と比較試聴だけはしたのですが,聴いてビックリあまりに低音が出ないので (笑・当然なり.何を期待していたやら) ヤッパシ HP-1を買ったという経緯がございます.
外部参考記事 : ITmedia

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 21:21 | Comment(9) | TrackBack(0) | デザイン

2007年03月11日

ランボルギーニ・ソーニァ

山崎 亮志さんというカーデザイナー+画家の方が居られます.代表作はと申しますと,Lamborghini Sogna ということになりましょうか.車名を申しても直ぐにはピンと来ないかも知れませぬが,15年ほど前に,Pioneerの carrozzeria というカーナビのCMに使われていた若草色の異形のクルマ.と言えば「あぁアレか」と思い出される方もおられましょう.

当初は,「あれは3DCGだ」「CM撮影用に造ったモックアップに決まっている」「いや走行可能な実車が存在するらしい」「設ったとすればガンディーニかな」などと数寄者の間では色々話題になったものでありますね.
その後,これは紛れもなく実車で,しかもデザイナーは日本人.ということが明らかになって二度ビックリ.いくつかの美術館などで巡回展もあったような記憶があります.

さて本日03/11は,その鬼才山崎先生が近くの山の上にギャラリー兼スタジオ兼アトリエを開設されるとの事で,誠に慶賀の至りであります.と書くと,あたかも親しい知り合いのように聞こえるかも知れませぬが,勿論「い」は山崎氏御本人とは一面識もございませぬよ?
ともあれ,目出度さに加えて素晴らしく太っ腹なのはオープニングレセプションで,予約不要の入場無料立食パーティらしい.タダより安いものはございませぬ上に甚だ興味深い催しであります.これは早速にも駆け付けて拝観せずにはおられぬ.

…と思ったが待てよ.よく考えてみれば事はカーデザイン分野.当然ながら参列者にカーデザインやカロッツェリア関係の人が来るのは必定.
翻って自らを顧みるに,ワタシは今だに成行きでデザイナーなどと名乗っておりますが元来の専攻は建築で分野違いの上に,クルマ業界からも完全に引退して早や幾年,遁世してのち人目に触れるを望みませぬ.
ここで万一,現役の顔見知りなどに出くわせば,自分は世捨人のつもりであっても,傍目には娑婆への未練を断ち切れずに迷い出たる幽霊の如き姿を晒す事になって見苦しい限り.
しからば時間差を作って,レセプションが終わって来賓がみな帰った頃を見計らって見学することに致そう.自意識過剰と嗤わば嗤え…
(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 21:23 | Comment(5) | TrackBack(1) | デザイン

2006年12月30日

コップ

先日,秋岡 芳夫の食器の買い方選び方を話題に登せましたので,ちょっとその繋がりで,久々に食器のデザインレヴューをやってみることに致します.と申しても大した事は無い,なぁに単なるコップでありますよ,デュラレックスのコップ.


【左:ピカルディ 右:プリズム】

Duralexと申しますと,皆様はよくカフェのコップなどに使われておる「ピカルディ」や「プリズム」を連想されるのではないかと存じますが,ワタシが15年来使っておるのは,また別の,Gigogne (ジゴン) という型で,えーと買った時には1コ150円だったかな,とにかく200円もしないのでして,総じて値段の安い Duralex の中でもダントツに安いモデルであります.たぶん現地の仏伊では大衆食堂とか安酒場などで惜し気も無く使われておるのでしょう.しかしこのデザインが侮れぬ.どう侮れぬかと言うと.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | デザイン

2006年09月07日

ブーツ

やっと酷暑も落ち着いて参りまして,朝夕などはスッカリ秋の気配でございますね.
かつての「い」は,このように秋が兆すと,発作的にバイクに打ち跨って失踪する事が屡々でありまして,いやぁ行く先も告げず予定も定めずの旅行と言うのは本当に結構なものですな.「予もいづれの年よりか片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず」ってね.

勿論,不意に失踪と言っても着の身着のままというわけではございませんで,ちゃんと普段からツーリングバッグには旅行用具を詰め,装束も一式揃えて準備オサオサ怠り無く,何時でも姿をくらませるように支度しておったのでございます.
拙宅のあたりがまだ夏の気配が残っているからと言って,軽装のまま成り行きで北国の山岳地帯に迷い込んだりすれば思わぬ寒さで艱難辛苦なんてことがありますからな.

そう云えばちょうど今頃,北海道の大雪山旭岳に行ったとき,同じ日にバスで来ていた学生が最終便に乗り遅れて凍死.なんて事件がありました.ワタシはバイクですから夕方に山を降りたのですが,そいつは最終バスが当時16時だということを知らず乗り遅れ,Tシャツ一丁で寒風を避けようとしてか,バス停横の水の流れてない側溝に身を横たえて死んでいたそうでございます桑原々々.
(ちょっと今,夕方の温度はどのくらいか見てみたら,摂氏3.5度だそうで,明け方はもっと低いに決まっており,こりゃぁ生きて帰れぬのは当然でございましょう)

かほど然様に装備とは重要なモノなのですが,特にバイクではその重要度は普通の旅行の比ではない.そこで,以前はヘルメットを話題にしましたので今度はブーツのデザインのオハナシを致そうかと存じます.およそ足首の保護というのは非常に重要でありまして,何故かと申しますに,足首の中心にある「距骨」という部分は,血管の分布が非常に手薄なため極めて治癒力に乏しく,ここを手荒く叩き割ると,大方は完治せずビッコになるのである.何故そんなことを知っておるかというと,実は何を隠そうワタシ自身がその距骨コナゴナの見事なビッコなのでして,皆様もカタワになってから後悔しても遅ぅございますので要慎されたい.

さて,そもそも良いライディングブーツに求められる機能というのは,
(つづきはこちら)
posted by 「い」 at 20:57 | Comment(3) | TrackBack(1) | デザイン

2006年08月10日

アスカ,襲来

今日は花火大会の日であります.

と申しましても「い」の住んでおるところは観光地なれば,この季節は実に頻繁に花火大会がございまして,勘定してみたら今月は11回もやることになっておる.つまり平均すれば3日に1回,どこかしらでドンドンパンパンやっておるわけで実に有難味が無い.まぁ今日の花火大会が其の11回のうち最も規模が大きい.ただそれだけのことでございます.

然るに何故,態々この話題を取り上げるかと申しますと,例年,此の花火大会には,眼前の海に様々な船が表敬訪問乃至は花火見物で訪れることになっておりまして,此れを観るのがワタシにとっては非常な娯しみなのでありますね.往年は大英帝国海軍極東艦隊,継いでは在日米軍艦隊,近年では日本郵船のクルーズ客船が来てくれることになっております.なんでそんな豪勢なことになってるかと言いますと,この夏祭りは,徳川家康に仕えて日本初の洋式帆船を建造したウィリアム・アダムス卿を顕彰する祭りだからですが,そのへんはまた別稿に譲るとします.

私事ながらワタシの家というのは,えぇと16世紀だったか14世紀だったか,とにかく古い古い古い昔から船乗りの家でございまして,まぁこのあたりの昔は産業と言えば海運業と漁業しか無かったのですから当然とも言えるわけですが,鎌倉時代の古文書なんかを見ますと,この辺の海賊どもの名前がみんな近所の人の苗字だったり致します.600年の間,あまり人の入れ替わりが無かったんですな.

そういうわけでワタシも不肖にして家業を継ぐ事は出来なかったものの船を眺めるのは大好きであります.もちろん乗る事も好きですが御存知の通り船旅というのは大変に運賃が高価ぅございまして頻繁に致すわけに行かぬのは遺憾ですな.
それはともかく今年のゲスト船は豪勢でありますぞ.
日本最大にして最豪華客船,しかも今年デビューしたばっかの「飛鳥2」!彼女は先日横浜で停泊中のところを垣間見ておりますが,航行中は未見.これは是非とも拝謁を願いたい.
ということで近所のハーバーまでVespa君で急行.

asuka_none1.jpg
……来てねぇし.
おっかしいなぁ.早過ぎたかなぁ.

いや待て,あの遠ーいところに見えるのは.
(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2006年06月06日

ヘルメット

久々に欲しくなるヘルメットが出て参りました.何とバックミラーを仕込んだヘルメット.だそうでございます.詳しくはリンク先を御覧願わしぅ存じますが此れは凄い.一体こんなものを造るのは何処の国かと思いましたら,あーこれはいけない,イタリアでございますね.ちゃんと見えるんかいな.立付けが悪くて使ってるうちに隙間からハエの死骸とか入ってすげぇ鬱陶しいなどというイタリアの法則が発動せぬことを祈るばかり.

尤も,現在のワタシは,此の様な物々しい外観のフルフェイスヘルメットを被るようなバイクには乗っておりませんので,仮に買ったとしても室内で被って後ろの壁をジッと見る.とか,その程度の用途しかないわけでございまして,それだと何か狂人のようで厭ですがしかし,どういう仕組になっておるのか是非とも手に取って確かめたいものでございます.
しかしですな,こういう事が可能なら,自動車のボディ埋め込みサイドミラーなんてのも出来ないか.もし出来たなら自動車の空気抵抗係数を劇的に下げられないか.とも思うのですがどうなんでしょう.

【06.10.24追記】
…てなこと言っておりましたら,今度のHONDAのCR-V には“プリズムアンダーミラー” なる内蔵型補助鏡が採用されておるそうですな.まだ実見はしておりませんが.

キャップヘル今Vespa で使ってるのはコレでございます.一見すると安全無視で乗馬用を転用した様に見えますが歴としたHONDA製のバイク用ヘルメットにて,モデル名NF-2 JIS 1種,SGマークも入っております.とは云え所詮は半帽なので手荒い運転は絶対禁物.最近Yahoo! Auctionsで新品を2K円で落札致しました.

しかし考えてみりゃ,ヘルメットのカタチほど極短期間に劇的に進化したものはございませぬな.1960年代にはGPレーサーだってドンブリ型ヘルメットでありました.少年時代のワタシも,其の頃のアライ-当時は新井広武商店-のドンブリを一時期使っていたことがございますが,内側の衝撃吸収材がコルクで出来ておりまして内張は革である.勿論,それだけで相当な重量でありまして,その皺寄せ故か帽体そのものは非常に薄く剛性が低く腕で押えるとフニフニ歪むと云う,何か本末転倒なヘルメットでございましたね.あんなもん被っていたら助かる怪我も助からぬ.という感じです.

それがたちまちジェット型に移行致しますのが1970年代初期.名前の通りジェットパイロット用のヘルメットからのスピンオフだと思いますが,考えてみりゃ航空機用ヘルメットは殆ど最初の1940年代終盤頃からああいう格好だったのでして,それがバイクに応用されるまで随分と長い年月を要したものですな.誰も思い付かなかったのか喃.
(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 14:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | デザイン

2006年05月18日

レザーと言ってもフェチじゃなく

主にレザーケア.のお話でございます.

ところでイキナリ余談ですが数年前にレザージーンズが流行った頃,よく真夏でも穿いてる男女が居りましたな.あれは一体どういう了見なのか.股間とか大変な事になっては居るまいか.かと思えば真冬にヘソ出しや胸見せの小娘が歩いてたり,若者の身体感覚と言うか寒暖の感覚が壊れてきておるのでしょうか.

何れにせよ衣替えシーズンでありますれば,夏物を取り出しまして冬物を仕舞う訳ですが,此の機会に冬の間よく酷使に耐えてくれたレザーウェアなんぞを一通り整備しておきせんと,次の冬に取り出した時にはカビだらけになっていて咽の弱い「い」なんぞはゲホゲホもんであります.

貴様だって5月の今まで革衣料なぞ身体感覚が壊れてるじゃないかと思われるかも知れぬがそうではない.いくらワタシが非常識とて昨日今日まで革のコート着ていたわけじゃぁありませぬ.ならば何故今どき革の手入れなぞの話を持ち出すかと申しますに,革製品とは出来るだけ風に当てておいた方がカビの発生を抑制出来るわけでして,春に手入れした革製品は,出来れば梅雨明けまで吊しておきたいところなのでありますね.まぁそういう理由で近来合間をみてモソモソやっているわけでして.続きを読む
posted by 「い」 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2006年05月12日

時よ,止まれ.お前は美しい

さても先日,ワタシはこう書きました.
>毎日「ジウジアーロ セイコー」で検索して見に来る人ってのは如何云ったもんですかなぁ.折角見に来て下さったところ恐縮だが何も役立つ事は書いてございませんぞ

にもかかわらず,やはり毎日この単語で検索して飛んで来られる方多数,現状で検索単語のトップでして,そんなに気になるかねぇあんなもん.まぁいいか.ってことで読者に阿って時計の話を致してみますが実は時計の話題って好きじゃねぇんだよなぁ俺.デザインと関係ない枝葉末節にして些末な話になっちまって.…と,それはともかくと致しまして.

世間には,デッドストック時計マニア.と云う種類の人々が居られるそうでして,例えば田舎の寂れた時計店に頭を突っ込み,大概は頭ボケてる爺の店主に巧言令色を用いて旧い在庫を奥から引っ張り出させてはアアでもないコウでもないとヤラカスのが好きという,イヤハヤ病膏肓と申しますか何とも申し上げようもない趣味の由.

まぁ趣味とは酔狂なほど威張りが利くものですので此れもその一つなのかも知れませぬが,考えてみりゃ日本の時計業界がマトモなデザイン,設計,販売を成していたのは1960〜70年代のホンの短い時期でありますれば,デッドストックされているモノも推して知るべし,大方はイカモノに過ぎないかと思われるのですがねぇ.

続きを読む
posted by 「い」 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | デザイン

2006年04月19日

磨いて磨いて磨いて

そういうわけで前回の原稿に加筆し,二部構成に致しました.

大鉢アップ磨き工程の終盤でございます.イヤハヤここまで辿り着くには随分と手間が掛りました.

しかしそれだけでは油断がなりませぬ.すなわち,折角これだけ奇麗にしても,あの国賊老人どもの手に掛れば再び汚されるのは火を見るより明らかにて,防汚の手段を講じておかねば画竜点睛を欠くというもの.

アングリア ピュア ウォールナッツオイルまずはクルミ油を布に取って染み込ませ,冷暗所で乾かしては拭き取って別布で磨くことを何度か繰り返します.此のクルミ油も随分捜しましてやっと横浜の成城石井で見付けて参りました.これで表面に油膜が出来て防汚になりまする.本当は斯うすると木肌の色が一段濃くなって自然の木の色目を損なうのですが止むを得ぬ.どうせ漂白して元色とは違ってしまっておりますしね.
してその上に蜜蝋を塗り込んで目止めをすれば出来上がりとなります.蜜蝋も中々入手し辛くなりましたが前編のコメント欄の通り,ひとまずは供給元が見出せたので一安心でございます.
続きを読む
posted by 「い」 at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | デザイン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。