2008年09月05日

YAMAHA RD50 (補遺)

こちらのエントリで既報の通り,メデタク新所有者の毛玉明のところに納まった RD50.新持主も慣れぬ MT バイクを殊勝に稽古して,甚だツタナイながらも動かせるようになってきた模様ですが,そのフォローアップ譚を一席.

上掲記事でも書きましたとおり,件の RD は,壊れていた C.D.I.用ソースコイルの代品が盆休みで入手出来なかったため,暫定的に旧型 RD50のポイント式フラマグを組んで引き渡してございました.然るに所詮は点火時期さえ大雑把にしか調整しておらぬような間に合わせ仕事なれば,奴も初心者なりに乗り馴れるにつれ,ポイント点火ゆえの癖のある始動性や中速トルクの弱さなど,薄々と弱点に勘付いて来たようですので,ツベコベ言われぬうちに本来の姿に戻し,神様たる我が面目を保たん.

とは云え,先に「い」自らが “アレは取り外しが意外と面倒なため中古部品が出て来難い.かと申して新品を買えば5k円ぐらいはするらしい” …と書きましたように,結局,安い値頃の中古部品は見付かりませんで,ワタシ手ずからコイルを巻き直すことに致しました.これはひとえに予算が度外れて乏しいからなのですが,理由はそればかりではない.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 05:26 | Comment(14) | TrackBack(0) | 輪,輜,車

2008年08月12日

YAMAHA RD50 (後編)

(前回の続き)

さて信号待ち中に怪音を発して止ってしまった RD50,一体如何なる事態が出来したのでありましょうや.
いや慌てるべからず.ちょうど交差点の斜向いにガソリンスタンドがございました.二段階右折を装って素知らぬ顔で給油し,落着いて診てみましょう.

まずもって音振から瞭然だが焼付きなどではない.キャブレタ周りの燃料系でもないことは長い経験から解る.ではプラグ火花はと見ますと,ヤレヤレまたもや弱ぅございます.しかし先刻の C.D.I.交換前とは違い,途切れ途切れではなく,スパークは規則的に飛んでいるもののアイドリングを維持出来るほどには強くない様子.ということは取り敢えずは押し掛けをすれば掛るかも知れぬぞソレッ……よし掛りました.

しかし掛ったは良いが,先程と打って変わってパワーは無いしミスファイアも多く回転も上がらぬ.これは無理に走らせてはならぬ…とワタシのゴーストが囁くので,押して帰ることに.

いやそれにしても今日もイイ天気,と言うか激しく炎天.こうして動かなくなったバイクをトコトコ押して陽炎揺らめく真夏の街道を歩いたことが,遠い昔から数えて幾度あったことか…と永劫回帰のデジャヴュを感じつつ,軽く細い車体を眺め降ろしながら思い出したが,以前,毛玉明と喋っておるとき「RD50を擬人化したらどんな娘か」という話になりまして,ハタチ前後の若者とそういう話題を交す初老のワタシってのもどうかとは思いますが,差詰め「幼馴染ツンデレお嬢」であろうと.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 22:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 輪,輜,車

2008年07月30日

YAMAHA RD50 (中編その3)

(前回の続き)

RD50のCDI

ぎゃぁ何たることぞ.これは見紛う方なき C.D.I.ユニット.そうであった.今更思い出したが,この個体には C.D.I.が付いておったのだ.てぇことは中身にゃ幾つも半導体が入っておる.

いやはや「何が神様だこの馬鹿」と罵られても一言も無い.作業の初め頃にポイントカバーを開けてフラマグを目視点検した際,「あぁ C.D.I.か.ならポイントのメインテナンスは不要なり」と,後はすっかり頭の中から消え去っておった.

皆様にはこの失策を他山の石として戴きとうございますが,RD50が C.D.I.になったのは最終期の1年で (つまりこの個体は正確には27年前の81年式と云うことになりましょうが) ,参照したパーツリスト (昭和53年3月版) に C.D.I.は載っておらなかったこともあり,思い出さぬままだったのであります.発行年度からすれば,この後にまだ改訂版があるのだろうか.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 13:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 輪,輜,車

2008年07月19日

YAMAHA RD50 (中編その2)

(前回の続き)

宵闇迫る作業終盤,予想だにせぬ過電圧 or 過電流に遭遇した RD50,この症状で真っ先に疑うべきはレギューレータ / レクチファイアのどちらか,乃至は両方であります.
RD50にレギュレータが付いていたかどうかは記憶力減退につき思い出せぬが,差し当りタンクを外し,まずは手近のレクチファイア,と言ぅても実は単なるダイオード,はたまたワタシのような旧人はセレンなどと呼んだり致しますが,これをば点検しようと見れば…

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 輪,輜,車

2008年07月13日

YAMAHA RD50 (中編その1)

(前回の続き)

さて現地に着いて検分した RD50は…

RD50 錆びたフロントフォークははぁ.
何とも言えずマッタリと…

RD50 リア味わい深い佇い…

しかしながら機関状態は悪くない.エンヂンも燃料を入れて数回キックしただけでアッサリ掛りました.但し異臭のする白煙が濛々と出ましたので急いで停止.クランクオイルシールが逝っておる様子はないので,多分エアクリーナスポンジが腐っておるのであろう.
他に洗い出した項目はと申しますれば…

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 輪,輜,車

2008年07月06日

YAMAHA RD50 (前編)

ある日,友人の全然売れない小説家のタマゴ,毛玉明から相談を受けました.曰く,
「電車代やバス代が嵩んでタマラヌので,アシに原付が欲しいのですが」というものであります.

さよう,原付…
確かに昨今のガソリン急騰の世にあって,原付のランニングコストの安さは魅力であります.それでなくとも静岡という土地は公共交通機関が貧弱で,かつ移動距離が長いため実に交通費が嵩むのは事実.

他ならぬ友人の頼みであるから善処しようと予算を訊いてみますと,「保険も諸経費も用具もゼンブひっくるめて5〜6万」などと抜かしよる.それでは車両代は3〜4万円に満たぬではないか.チャリでもあるめぇしおととい来やがれ唐変木.ってなものでありますが,折しも別の友人が,保有バイクの幾台かを放出すると言う話が飛び込んで参ったのでありますよ.

その友人というのは,ポンコツバイク・クルマ蒐集家として斯界に名高い大豆大臣 ( “大尽” に非ず.本人の大豆食品好き由来であって大豆相場で儲けたわけではない) という人で,尋けば願ったり叶ったり,冗談のような破格値で放出して呉れたのが↓
(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 21:18 | Comment(10) | TrackBack(1) | 輪,輜,車

2007年12月11日

余さずAMALIE

皆様既にお忘れの事とは思いますが,以前に書いたエントリ「Vespa のオイルを 250円/L の SUMIX から値段は7倍だがタダで貰った AMALIE に変えてみる試み (表題適当) 」
の結果編を書き留めておきます.

月日が経つのは早いもので,この駄文を書き連ねておる現時点でメデタク1qt ボトルを余さず使い切ってございます.その間,Vespa も慣れぬ高級オイルで腹を壊すこともなく,テストは問題なく終了致しました.
…ただ普段通りに乗っていただけとも言うが.

それでも一応はテストですから,条件を出来るだけ等しくするため,オイルを変えると一緒にプラグも新品 (但し品番は電極突出し型のグリーンプラグ: BPR7EY) に交換致しました.テスト時期が夏から冬に跨りましたので,気温や湿度条件の偏りは丸められておりましょう.

他の条件の違いはと云うと,混合比を少し変えておりまして,標準指定が2%のところ,1.7% (60:1) で使用.これは初めの給油数回分は標準通りで使っていたのですが,あるとき偶然に手持オイルが少しだけ足らなくなって60:1にした折,指定混合比より吹けが良かったので,何となくそのまま継続致しました.あまり薄いとコンロッド小端ベアリングあたりに厳しいが,この程度なら支障も違いも無からん.

さてそれではヘッドを開けますぞー.燃焼室は如何なっておるでしょうかワク々々.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 16:11 | Comment(5) | TrackBack(1) | 輪,輜,車

2007年09月20日

エフワン

F1 でございますねぇ.まぁそのエフワンと申さば「探偵物語」で松田優作が着ていたスゲー悪趣味なスーツで,またそれを択んだのはスタイリストじゃなくて松田優作本人.と言う事実もあったりするのですがそれとは全然関係ない自動車レースの F1 でございますよ.

さよう,今月の末に,一応は地元と申してよろしい富士スピードウェイにて,F1 日本グランプリが催されるわけでございますが,毎日新聞によれば,お膝元の小山町では「開催地浮かぬ顔 経済効果薄く」などとボヤいておるようですな.

しかしこの記事中,『同町上野の農業、池谷清一さん(83)は「F1と言われても、誰が来て何をするのか、田舎の年寄りには分からん」』って談話,この爺さんはチト惚けてるか,単にモノ知らずなだけではありますまいか.31年前にやったでしょうが F1.当時この爺さんは働き盛りの50になったばかりでしょう.つかその後も国内の大レースだって年に何回もやってるだろうに.

いやぁそれにしても,最初の F1 の時は「い」少年もコーフンしましたなぁ.なんせアレですよ,パンフに「紙くず1枚でもコース上に散らばりますと大事故に繋がりますので充分に御注意下さい」なんて仰々しく書いてあったですよ.あたかも月ロケットでも打ち上げるような大仰さであります.つまりそれだけ日本のモォタリィゼェションと言うかレース文化が後進的だったのでしょうのぅ.実際,コーラの空き缶なぞをコースにブン投げて捨てる奴とか,居りましたからな.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 17:48 | Comment(5) | TrackBack(1) | 輪,輜,車

2007年07月19日

電池電球

話は前回に続き,バッテリと灯火類交換の顛末を一席.

さてバッテリが終わってしまった以上,対処は交換しか無いのですが,我が懐中は1年前から上向き材料に乏しく,またもやバッテリ代5K 円の持ち合わせがありませぬ.そこで「い」はどうするかと云えば,斯くなる上は神頼みでございます.
すなわちヤオラ上を仰いで天に祈り,次に下を向いて地を見ながらウロウロと近所を徘徊致しますと…

捨ててあるバッテリ…すると必ず天神地祇の恩寵はあるもので,ほら見よ諸君,路傍に GTX7L-BS が落ちておる.これぞ貧乏神の思し召し.容量も6.0Ah で誂えたようにピッタリですので,早速拾って帰り充電して取換えましたシメシメ.

いやいやバッテリを使い捨てるなぞ,地球環境を考えれば甚だ怪しからぬ犯罪行為ですが,捨てる側とすれば,AT スクータでセルが回らず即エンコ状態に陥ったとか,止むに止まれぬ事情があったのであろう.こちらはその余録を享ける立場ですから,あまり固い事は言うまい.であるから願わくば諸君もワタシの行為を拾得物横領などと固い事を仰せになるな.

そんなんでいいのか.と言うといいのでして,最近のスクータはセル付キック無 AT が多いせいか,バッテリがちょっと弱ると,皆ビビってすぐ換えてしまうものと見え,捨ててある奴でも充分に起電力が残っておることが多いのでございます.

翻ってウチの Vespa はフラマグのキック始動一本槍にてセルに使う電力は無く,一旦始動してしまえば自己発電分と消費電力はトントン,言わばバッテリはキャパシタのようなものですから,多少衰えたバッテリでも大丈夫.この1年間,拾った3.0Ah のバッテリで済んでいた事が何よりの証.それどころか最初からバッテリの無いヴァージョンすらある.こう云うところが昔のローテク機の利点であります.

序でに入手し辛い BOSCH タイプの棒ヒューズを普通のブレードヒューズに換装.定格8A を7.5A で試したところ飛び易いようでしたので10A に.大丈夫かどうかは計算しておらぬが多分大丈夫.こうしておけば,そのうちまた何処かでノンヒューズブレーカを拾った時に簡単に入れ替えられる.バッテリ止めは本来はゴムバンドなのですが,ここではダイソーで売っておる百円の汎用 Velcro ベルトを使用.これならバッテリサイズがデタラメでもシッカリ止まって安心.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 16:08 | Comment(3) | TrackBack(1) | 輪,輜,車

2007年07月05日

プラグ

ウチの Vespa,前回はプラグキャップと H/T ケーブルに手を入れたわけですが,次なる項目はプラグ,次いでバッテリ,それに灯火電球類と順繰りに触れて参ります.

と申しても格別に厄介な事態ではない.イマドキのプラグが僅か1年2千km 台のロードユースで寿命になるわけはございませんで,現状でも充分イケるのですが,目下オイルを AMALIE に換えてテスト中ですので,従前の SUMIX との比較条件を出来るだけ公平にするためもあって,早目に交換と致す次第.

さて Vespa のプラグは Marelli が純正指定の筆頭銘柄になっておるのですが,Marelli のプラグは近年に DENSO が買収した筈で旧品番があるかどうか解らぬ.と言うより,そんなメンドクサイものを態々探す気などサラサラ無く,単刀直入に NGK 品番で対照致しますと,B6ES〜B7ESあたり相当かと.
「あたり」と曖昧な言い方をするのは,旧い Marelli と NGK の熱価は完全互換ではなく,実際には少々のズレがあるのと,ちと此奴のエンヂンにはワケがあって,ネジリーチが (H) でなく (E) だからでして.

プラグの箱そこで今回使うはコレ.





(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 輪,輜,車
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。