2008年06月11日

Canon NAVI

何やら,やっとこさ iPhone の日本発売が決まったようでございますなー.あまりに時間が掛り過ぎて半ば忘れておったぞ iPhone の存在.というか今年も泳げる頃が巡って来たが日本語 Newton はまだ出ぬか……ってこのジョーク,古過ぎて通じぬかのぅ.

ともあれ i "Phone" と言うくらいであるから電話である.率直に申しましょう,ワタシは電話てぇモノが大嫌いでございます.拙宅に電話を掛けたことのある方なら腑に落ちましょうが,普段は常に明朗なワタシが電話の受答えだけ非常にツッケンドンなのは,つまり嫌いだからなので出来るだけ掛けて来るなよ皆.何故かと言うに幼少期に電話の所為で患った強迫性障害が今に至るも根治せず……

……まぁそんな話はどうでもよろしい.この浅ましの世では,幾らゴネても電話を使わぬわけには参らぬ.幸い今は e-Mail ですとか Messenger ですとか,他の通信手段は幾つもありますれば,電話自体の重要性は薄れておる.件の iPhone とて主眼は付帯機能であり,Jobs 猊下は例によって“電話を再発明した”などと大風呂敷を拡げておりましたが,しかしてその実体はタッチパネルインタフェイスを使ったネットワークパーソナルコンピュータが電話機能備えおるという事なり.
そんなものなら「い」はトックの18年前に既に買って使っておった.…と変なツカミで昔話に持って行くのは「い」の常套手段.

いやいや,これはいかにも嘘臭いのですが嘘ではございませぬ.尤も18年前の事とて有体は有線電話ですがね. (当時の携帯電話と言うと野戦通信機まがいの重厚長大な肩掛け式で,おまけに都内しか使えぬ非実用品であったゆえ論外である)
さようそれが表題の,“Canon NAVI” 【外部資料1】【外部資料2】(リンク先写真は輸出仕様の“Navigator”.↑は当時出ていた解説書)であります.ワタシはこれをごく近年まで使っておりました.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 02:49 | Comment(15) | TrackBack(1) | コンピュータ

2008年06月05日

マイクロドライプリンタ

モノとは,集まり出すと続けざまに集まる.ということがあるもの.

例えばワタシの友人などは近年,古い原付バイクを集め出したらば,バイクがバイクを呼んだかのように増殖し,タチマチにして車庫に満杯となったそうな.ワタシも昔,何気なく swatch をひとつ買ったらば,swatch が swatch を呼び,どんどん集まって一山出来た事がございます.

このようにモノの集散というのは明らかに周期性がある気がする.むかし寺田 寅彦が書いた随筆の中に,路面電車の混み具合の周期性 -なぜ路電は満員状態とガラ空き状態を繰り返すのか- について述べたものがありました.また航空便は事故続発と安定運行を繰り返す傾向があるが,これも似た理論らしい.かくの如き周期性が普遍的現象だとすれば,近年のワタシは将に赤貧洗うが如き有様が続いておるので,もう暫くすれば,自然に何処からともなくお金がワンサと入って来てウハウハに.

…てな夢物語は措きまして,いまワタシの手許に集まりつつあるはプリンタであります.それも難ありイワクありのものばかり5つほど集まって来ておる.これも切ッ掛けは何も無い.強いて言えば過日友人がインク詰まりを起した EPSON のプリンタを呉れただけのことである.これは格別の事ではなく.インク詰まり如き,洗浄すれば大概は復活するであろう.だが次に来たのがチト変り種で,ある日,何気なく開いた BBS にこういう書き込みがございました.

529番の発言者 はワタシでありまして,興を催して書込んだ後で半ば忘れておったのが,アリガタイ事に先方はこれを忘れず,暫く後,本当にタダで送られて来たのですな.提供者の方には足を向けて眠られぬ.
して,この話にある MD-5000というのは,今はもうプリンタを造っておらぬ ALPS 電気の「マイクロドライプリンタ」というもので,かつてはデザイン屋の界隈で一世を風靡した機械.かく申すワタシ,この MD-5000を頂戴する前から,MD-2000S というのと MD-1500,合計2台を持ち居るのです.

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | コンピュータ

2007年12月27日

手帳 -1

皆様は既に来年の手帳をお買い求めですかな.

何?いまさら手帳の話など遅過ぎる.と?
いやいやそんなこたぁない.考えても御覧ぜられよ,皆様は年末に買った手帳をいつ使い始めるでしょうか.

通常であれば来年の正月,仕事始めの日でありましょう.住所録の更新も,年賀状を受け取ってからでないと意味がありませぬ.すなわち,手帳を買ってから正月を過ぎるまでは,持っておっても全くの無意味という事になる.まして年明けの文房具屋は,決まって手帳の安売を致すものでございますれば,何の事はない,徒に数週間を死蔵してムザと値下がるのを待っておるだけではありますまいか.

…と,イキナリ興醒めな事を申しましたが,今となっては世捨人同然の「い」であっても,世俗の雑事は等しく降り掛かって来るものでして.それらをば手際良く片付けられねば,澄まして遁世など出来は為ませぬ.

すなわち世俗の雑事とは,煩わしがって避けるほど事は縺れ,果ては日常の平穏を大きく乱すものですから,寧ろ世捨人の方が俗事の始末に長けておるべきである.兼好法師しかり,鴨長明も西行も芭蕉も,作品を注意深く良く読めば,皆そういう俗事を手際良く片付けた上での風雅であることは瞭然.彼ら先賢に及ばずんば尚の事,合理的な実務処理ツールは不可欠でして,手帳もその一つ.

さてこう見えてもかつてのワタシ,手帳関連には可成り金を使ったものでして,思い起こせばあれは1980年代の中頃でしたか,システム手帳というモノが爆発的に流行しまして,今ですと,そんなものを得意気に持ってるのは原宿や渋谷駅頭で精勤しておられるインチキ臭いスカウトマンの方々ぐらいのものですが,当時の「デキる (死語) ヤンエグ (死語) 」は,分厚くてデカいファイロファックスの1つや2つは必ず小脇に抱えておらぬと「使えねー奴」という空気が漂い,その風潮が行き過ぎて,バインダリングが対面に2つ付いて厚さ70mm近いバケモノみたいな Filofax さえ出現し…

(つづきはこちら…)
posted by 「い」 at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ

2006年12月14日

3年ぶりのお蔵出し

3年前に書いた記事が書きかけになっていたのを思い出しましたので完成させました.月日の経つのは早いものですな.
まぁ3年も経つと内容もすっかり陳腐化しておりますがお暇でしたらどうぞ↓

【静音化レポート 2】

【関連エントリ】静音化レポート 1
posted by 「い」 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2006年03月03日

シリコン・シーラカンス

本ブログは,カテゴリ毎に均等なエントリ数になる様に話題を択んでいる心算なんですが,之は中々思う様に行かないものでございますな.

特に “コンピュータ” のカテゴリがヨロシクナイ.閑古鳥が鳴いております.“くるま” のカテゴリもエントリ少ないですが,之は意識的にそうしてるので兎も角,普通,パソコンなぞ使っておりますと,やれデータを飛ばしたとかウィルスにやられたとか起動しなくなったとか,何らかのネタが向こうからやって来るようなのですが,どうもウチに関しては然う云う事が一向に起らぬ.イヤ起きても困りますけれど,昨日OSのパッチが出てたので当てて再起動したのですが,電源切った事自体2カ月ぶりぐらいじゃありますまいか.

dyna420.jpgと言うかワタシ,今書いていて気付いたのですが,最初に所有したPET2001の昔からパソコンを壊したことが無い気がします.
いや待て.ずーっと以前に東芝Dynabook を足温器代わりにしていて踏んで壊したことが御座居ました.何でそんな事したのでしょう.思い出せぬ.

液晶の中が割れたらしく写らなくなり申した.
続きを読む
posted by 「い」 at 21:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | コンピュータ

2006年02月06日

素晴らしき哉音楽配信

いや何が素晴らしいったってアンタ,音楽配信ほどメデタイものはありませぬ.何故なら聞いて驚け,「い」の住んでいる町にはレコード屋が無いのでございます.イヤ正確にはアルのですが,なんつぅかそのぅ,場末にある二間間口のしもた屋で,やってるんだかやってないんだか判然とせず,さらに店内には何時仕入れたのか解らぬギターとかも並んでいて駐車場も無いし,まぁ意識の上では無いと看做して大過ない.
さらにスゴイことには,ツタヤも1件しかなく,してまた狭く小さいため,その品揃えたるや目を覆わんばかりの(略)であります.

【写真と記事の内容は無関係です】
templasoba1.jpg

近所の人が海老天を2本も恵んで呉れたので嬉しさの余り自慢したくなっただけのことであります.
それにしても天麩羅蕎麦は美味い.

続きを読む
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2006年01月19日

アフィリエイトで大儲け

さても,弊l'agendaは,URIのとおり,Seesaaさんという,けっこう評判の良い感じのブログサーヴィスをお借りしておりまして,この画面も,Seesaaさんちの用意した出来合のものを一寸書き換えただけで使っています.それ自体はちっとも不満は無いどころか大変有難く思っておるのですが,成り行き任せに駄文を綴りおりますと,つい話の流れで,人様の写真や絵を引用したくなることがある.なあに画像なんざネットにゃいくらでもあるじゃん,それをちょちょっと取って来て貼れば…ってそれは違法ですってばよ.

こんな何の役にも立たない駄文を書いて時間を浪費し,ホスト様の貴重なHDDスペースを浪費し,おまけに勝てない訴訟でも起こされた日にゃ踏んだり蹴ったりであります.
さてどうしよう.続きを読む
posted by 「い」 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2003年11月21日

静音化レポート 2

前回の
>次回はHDD静音化のための手作りジェルパック実験についてまとめてみます
の続きであります.

Yosemite 純正のIBM-DTTA のHDD は,かなりウルサいものだったので,これをば何とかせんと思い立ちました.
まずHDD を静音化しようと欲すれば,何より先に成すべきは Automatic Acoustic Management level (AAM) の設定.あれは不思議なもので,速度最優先に設定しても,静音最優先に設定しても,さほど速度は変わらぬ.して音の方はというと格段に静かになる.なぜデフォルトで静音最優先にして出荷せぬのか不審なくらいのものでございます.

ところが困ったことにMac には手軽にAAM の設定を弄ることが出来るツールが殆どございません.殆どはWindows 専用であります.
差し当ってOS9系で起動出来る機種 -幸いYosemiteはOS9時代の機械ですから大丈夫- には以前からMacAAMというものがありまして,これを試みましたらば,DTTA はサポート外らしぅございますね.あゝやってみて損した.

【2005.03追記】
ちなみにMacOS Xでしか起動出来ない機種に関しては,OpenFirmware に入ってコマンドを叩く.という技があるようでございます.intel Mac はどうなのかは存じませぬが駄目なんでしょうな.そもそもintel プラットフォームなのだからOpenFirmware は無かろう.
まぁ今日び Windows 機なぞはどこにでも転がっておりますので,適当な機械に繋いでFeature Tool あたりでサクッとやってしまった方が賢明というものでしょうな.ワタシはそうしました.AAMコマンドはOSとは関係ありませぬので,そのままMacでフォーマットしても設定は保たれまする.
【/追記】

まぁ今となっては8GB如きの純正HDD など小容量過ぎて無いも同じでございますれば壊れても惜し気は無い,過熱しようが何だろうが知ったことか.ということで全体を遮音材で覆ってしまうことに致します.
…と書くと,そういうブツの定番はSmartDrive でしょうが,あれは市価6K円ぐらい致しますので即座に却下.自慢ではないがワタシは極貧でしてな.

篦棒に高価いSmartDrive






そこで,冷却ジェルでHDDを丸ごと包んでしまう実験を試みました.流体の制振/防音効果の高さは申すまでもありませぬからそれなりに期待出来ましょう.

と言っても貧乏な「い」のやること,大袈裟なものではありませぬ.
ダイソーで売ってる保冷剤のパック.あれが3.5インチHDD にピッタリの大きさなことを発見.これを2つ買って来まして,HDDをラップでくるんだ上にサンドイッチのように挟み,隙間をガムテで塞いで,ケーブルまわりはエアコンパテで充填.合計210円.
(通気口まわりを完全に塞がないように注意はしました)
保冷剤

さて結果はどうかと申しますと,
……静かです.異様に静か.直接に耳でも付けない限り音はしませぬ.
ただ,取り付けるところに困ったので,DVDドライブの上の隙間にぎゅぅと突っ込んでみました.熱はどうかと言いますと,真夏でもホンノリ熱いという程度で思ったほど過熱はしませんな.もともと保冷剤なのですからパックの中で熱対流が起き,表面積は増えているのだから熱の懸念は少ないのかも知れぬ.

その後どうなったか,ですか?
……実はまだそのまま使っておるのです.

【2006.12追記】
流石に8GB などという小容量では使い物にならなくなって参りましたので,保冷剤パックをひっぺがし,友人のPower Mac 7600 に移設致しました.2006年12月時点で,まだ動いておるそうでございます.どえらく長保ちするものですなぁ.
しかし現代の大容量HDD は発熱も格段に増えており,このような荒っぽいことが今でも出来るかどうかは多分に疑問でありますね.現状はSeagate の200GB とMaxtor の250GBの2基装備なのですが,ケースファンの速度を落として使って居るせいもあり,どちらも相当に発熱致しますので,汎用のヒートシンクを貼付けて使っておるくらいですから.
【/追記】
posted by 「い」 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2003年11月15日

静音化レポート 1

Power Mac G3 Yosemite の静音化作業が一段落したので作業レポートをまとめておきます.既に老朽機ですので,あまりコストを掛けるのは賢明でないため出来るだけ低予算を心掛けました.

G3_overview.jpg
色が違いますが,これは塗り替えたからです.

○ 主に交換した部品
・12cmファン:XINRUILIAN RDL1225S を減速.500円.
・ファンコントローラー:ZALMAN.可変抵抗の簡単な奴.900円
・電源:ATX用.400W SW製 3300円

G3_inner.jpg

SWの安物電源は特に吟味して選んだものではなく,たまたまあった品.
此の会社の電源はバラツキが多いようですが,之は「当り」らしく静か.電源部排気ファンのグリルは切り取り,吸気グリルを拡大しました.

風量減少に伴う冷却不足を補うため,ヒートシンクを大型化.Alphaの汎用ヒートシンク,S2090-20W(1,510円)を,金ノコで切って合わせ,同じくアルファのシリコングリス(300円)塗布.放熱面積はノーマルの3倍程度.
また,このMac自体GPUにヒートシンクが無い初期型で,そのためビデオカードがしばしば過熱する傾向があったので,ZalmanのZM50-HP ヒートパイプ冷却器を使っています.これは明らかにオーバークォリティですが,先々の使い回しを考えてあえて採用.

g3_board.jpg

共鳴を誘発する薄い鉄板のHDDマウンタは除去,HDDは旧型Macに使われていたプラスチック製ゲタにマウント,ケースにはベルクロテープ止め.
ベルクロテープは,迅速にHDが取り外せるためでもあるが,防振効果も高い.

12cmファンをマウントしている薄鋼鈑も共鳴の原因になるので,自動車用の制振塗料(アンダーコート)を厚吹き.800円.
塗る前は,叩くとカーンという金属音だが,塗った後は,コンコンという木を叩いたような音質になります.鉄ケース内面をまるごと塗ってしまえば,もっと効果があるでしょうが,全バラが必要になるので見送り.

他,共鳴している箇所を指で探ってエアコン配管用のパテ:180円で制振.
底部の穴からプラ板ダクトで吸気していますが,ダクト固定もエアコンパテで隙間を充填.
吸気口は全て農機具用エアフィルタースポンジを貼付.400円.
防音シートは建築用を使用.松下電工製.1m角で400円.鉄ケースとプラスチックカウリングの間に張り込み.
配線がバラバラだと整備性も通風も悪いため,ダイソーのスパイラルチューブで被覆.

○将来的な改善項目

1. スマートケーブルによる筐体内の通風向上 (2006追記・作業時点では高価だったので見送りましたが今はAOpenの廉い製品が出たので入れ替えました)
2. 筐体構造上仕方ありませんが,廃熱が弱い.夏期には何等かの追加対策が必要でしょう.
3. 大容量HDD換装の際には過熱が問題にならないか (2006追記・そのとおりです.此の後,Maxtorの200GBを熱で飛ばしました)

次回はHDD静音化のための手作りジェルパック実験についてまとめてみます.
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

2003年10月04日

ポリタンクMacの掃除

Macを使ってる方なら,“ポリタンク”と言われれば,すぐにあの独特な筐体を想像出来ると思います.たしか1998年ぐらいから,ごく最近まで,ずーっとあの格好だったから,ずいぶんと長持ちなデザインですよね.
で,そのポリタンク,スチールのケースに,ポリカーボネートのカウリングをかぶせてあるわけですが,初期G3の半透明なやつは,使ってるうちに内側が汚れて来ます.
拭こうにも内側ですからクロスが届きません.

外して掃除するなり丸洗いするなりすればいいんですが,世の中はままならぬもので,マザーボード側は,ボードを
外さないと取れません.
なんとか簡単に取れないか.頭を捻ったあげく考えついたのがコレ.

inner_cleaning.gif
↑ときどき各所で紹介されてるようなんで,画像置いときますね.

【関連リンク】
青白 PowerMac G3の分解方法
posted by 「い」 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。